2017年4月30日日曜日

バンダイ「ロボコン」のプラモデル その2

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第104回)
 
今回はバンダイの低価格帯「ロボコン」プラモデルを紹介いたします。
 
●「ロボコンと6人のなかま」
ゼンマイロボコン発売後、続いて発売されたのが「ロボコンと6人のなかま」です。
マスコミシリーズNO.121。発売は1975年6月頃。
品番は「8748-300」。当時価格は300円で箱サイズは16×24×3.5センチ。箱絵は上田信。
当初のバンダイカタログ内予告では、「ロボコン一家」のタイトルで(予)400円でした。さらに、ロボコン一家のセットを低価格に2つに分けた「リトルロボコン一家」No.1、No.2を各200円で発売予定とありましたが、この「リトルロボコン一家」が4点パックの小箱シリーズに発展したと思われます。
 
箱中画像です。
 
下画像のように2体で1つのランナーになっています。
2体で1つのランナーということで、この2体は成形色が同じになります。
ロボコンの基本色「赤色」に合わせると、どうしてもロボトンやロボパーも赤色になってしまいます。逆にロボトンの基本色「黄色」に成形色を合わせると、黄色のロボコンになってしまいます。
ロボコンや他の仲間の色が青、赤、黄色になるのは、このためです。
 
この2体のランナーセットを、真ん中で切断し、小箱に詰めたものが、ロボコンパック(4点シュリンクパック)の小箱中身組み合わせになっています。
なので、1期生4点パックの箱中2キャラクターが、同じ成形色になっているのは、そのためです。
 
「ロボコンと6人のなかま」の箱や組立書に表記はありませんが、「ロボコンと6人のなかま」には、ランナー束が4束入っているということで、4束×2体で計8体のキャラクターが入っています。実は、ロボコンは2個入っているということになってます。
 
「ロボコンと6人のなかま」発売後、中身を小分けアイデアが出て、4点パック仕様にした。。。というよりも、当初から4点パック販売ありきでの「ロボコンと6人のなかま」という感じがします。
 
 
 
●「ロボコンパック」(シュリンクパック)。
※画像はシュリンク開封済みです。
発売は1975年6月頃。品番は「8749」。小箱が4つシュリンクされた物で、当時価格は300円。箱サイズは各13×10×2.5センチ。箱絵は上田信。
箱中には2体とカラー紙の点数表が袋に入っています。箱裏もカラーです。
 
側面に「2」と表示された個体も確認されています。
この「2」が何を意味しているのかは未解決です。ロボドロ以外ではロボトン箱にも確認されていますが、他セットは未確認てす。
 
1期生のロボコンパックでは、ランナーの性質上、紹介したように「黄色」「青色」などの「赤色」ロボコン以外が入ることがあります。やはり、子供目線では、赤色ロボコン以外は「偽物」扱いですよね。
 
バンダイも、赤色ロボコン以外はまずいんじゃないかと気が付いたらしく、ロボコンのみの金型を新設し、2期生パック以降のロボコンは全て赤色になったようです。
 
違いは簡単です。1期生のセットの物は全て図の矢印のようにランナーに折った跡が残っています。
2期生以降はロボコンのみの新規金型なので、折った跡がありません。
組立図からもわかるように、パーツ番号も変わっています。
このように、2期生以降の商品に入っているロボコンは全て「赤色」となります。
 
完成品での1期生か2期生以降かの見分け方は、ロボコン頭のランナー跡で区別がつきます。
青色、黄色などの赤色ロボコン以外は全て1期生の初期物です。
他はメタリックブルーがあるようです。
次回は2期生パックとそれ以外の低価格帯「ロボコン」プラモデルを紹介いたします。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
 
現在、タイムボックスでは、「がんばれ ロボコン(ゼンマイ歩行)」や「ロボコンと6人のなかま」、メカニック&ノーマルロボコンの完成品などなど在庫中です!! 国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは今回紹介したロボコンシリーズを始め国内外のキャラクタープラモデルを高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、一部パーツだけでも何でもバンバン買取中です。
 

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 


2017年4月17日月曜日

バンダイ「ロボコン」のプラモデル その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第103回)

今回はバンダイのロボコンシリーズです。
シリーズは数が多いので、今回は「その1」として、ゼンマイ歩行の3種を紹介いたします。

●「がんばれ ロボコン」
マスコミシリーズNO.110。発売は1975年6月頃。
品番は「8747-600」。当時価格は600円で箱サイズは27×19×4.5センチ。箱絵は上田信。
腕部分がスプリングになっているので、コミカルに腕を揺らしながらゼンマイ歩行します。
側面では、ゲッターロボやゼロテスターなどが紹介されていますが、ロボコンシリーズと捉えるのならば、同期発売は次の世代のゲッターGやライディーンと一緒と分類した方が正解となります。
ロボコンシリーズでは、このゼンマイロボコンのみ「目玉バンダイロゴ」になっています。
 
箱中です。帯は太めとなっています。
完成品です。大きさ比較で、右はポピーの超合金ロボコン。
アンテナまで入れて全高は約18センチです。
ハートマークが黒色なのは、組立書の指定色がピンク色ではなく黒色だったからです。
足裏にバンダイロゴの刻印があります。


●「ガンツ先生」
マスコミシリーズNO.133。発売は1975年7月頃。
品番は「8750-600」で、当時価格は600円。箱サイズは27×19×5センチ。箱絵は上田信。
お腹の点数を回転させながら、ゼンマイ歩行します。
デットストックの現存数で言うと、ロボコンよりは若干少ないかな?ぐらいの印象です。
箱側面に「ロボコンと6人のなかま」「ロボコンの新しいなかま」の紹介がありますが、セット売りは「6人のなかま」のみで「新しいなかま」のセット売りは発売されていません。2体入りの4点シュリンクパックのみとなっています。

箱中です。
完成品は約18センチ。下画像のように、ポピーの超合金シリーズと大きさが合います。
ゼンマイ歩行と連動する回転成績表の組立ては、子供には難しかったようで、ある時期から、下の別紙が追加されるようになりました。
組立書の最後に「ガンツ先生の質問」があるので、ここが切り取られている物がたまにあります。切り取った質問は、ガンツ先生の口に収納します。


●「メカニック ロボコン」
マスコミシリーズNO.140。発売時期は、50年史データベースでは1975年5月とありますが、当時の広告などから1975年8月頃と思われます。箱絵は小松崎茂。
品番は「8746-800」で、当時価格は800円。箱サイズは27×19×5センチ。
中身はゼンマイ歩行の「がんばれ ロボコン」とほぼ同じですが、本体パーツをクリヤーレッド成形色に変え、内部メカがプリントされたブリキパーツが追加されています。
また、新規に、燃料タンクパーツとゴムホース、目玉シールが追加されています。
箱側面です。ロボコンシリーズしか紹介されていません。
箱中です。クリヤーレッド本体の下に、内部ブリキパーツが見えます。
内部メカがプリントされたブリキはこんな感じです。
ノーマルロボコンとのエプロン内部メカの比較です。
内部メカ配置が違うのは、ノーマルロボコンはドラマ本編撮影用を参考にし、メカニックロボコンは内部メカ配置の違う撮影会用を参考にしたためで、超合金のロボコンもメカニックロボコンと同じく、撮影会用の内部メカ配置を参考にしたと言われています。

目玉シールと燃料タンクホースです。
シルバー色パーツだった部分は、銀メッキ処理されています。
 
次回はゼンマイ歩行以外の低価格ロボコンシリーズを紹介いたします。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
 
現在、タイムボックスでは、「がんばれ ロボコン(ゼンマイ歩行)」や「ロボコンと6人のなかま」、メカニック&ノーマルロボコンの完成品などなど在庫中です!! 国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは今回紹介したロボコンシリーズを始め国内外のキャラクタープラモデルを高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、一部パーツだけでも何でもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで