2017年3月14日火曜日

有井の「ミステリーバンク」シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第101回)
今回は有井(アリイ)のロングラン商品、「ミステリーバンク」を紹介いたします。
有井のミステリーバンクが市場に登場したのは1969年7月頃で、その後1990年代前半まで売られていた息の長いヒット商品でした。
 
 
●下画像がもっとも発売期間の長かったパッケージ(2版)です。
 1970年~1985年辺りに売られていたバージョンです。
箱サイズは約16×29×5.5センチ。
このパッケージが一番販売期間が長かったので、親しみある方も多いと思います。
発売期間が長いと言うこともあり、2度の値上げを経験し、下画像の矢印部分に値表記違いがあります。
画像は「KIT NO.500」表記ですが、他に「KIT NO.350」や「KIT NO.400」があります。それぞれ、500円、350円、400円を意味します。
★350円表記は1970年から1974年辺りの出荷物で、ST表記の有無しの2タイプが確認されています。
★400円表記は1974年から1981年辺りの出荷物。
★500円表記は1981年から1985年辺りの出荷物。
 
 
●下画像が1985年から出荷された3版です。
1992年頃まで出荷されていた模様です。当時価格は700円で箱サイズは約16×29×5.5センチ。
 
 
●下画像が、最近現物確認されたばかりの「初版」のミステリーバンクです。
1969年7月頃の発売。最近まで、謎とされていたものです。
当時価格は350円で箱サイズは16×28.5×5.5センチ。
 

パッケージに描かれているミステリーボックスに貼られているシールが、2版のみ別絵柄ですが、同封されているシールは初版から3版まで同じ絵柄の物となっています。
実は、ミステリーバンクは有井のオリジナル商品ではなく、サンキットというメーカーから金型移籍?によって引き継がれた商品でした。
 
●下画像が、サンキットから発売されていた最初の「ミステリーバンク」です。
発売は1967年頃で当時価格は350円。箱サイズは16×29×5.5センチ。有井の同シリーズ「ゴーストボックス」もサンキットが最初です。
 
 
●有井は1994年に新展開のシリーズ、「ゴースト・ミステリーシリーズ(ミステリアス・コイン・バンク・シリーズ)」の6種をリリースします。
箱サイズは16×28.5×7センチ。各1200円でギヤボックスは組立式となっています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
 
現在、タイムボックスでは、「ミステリーバンクシリーズ3版」や「ゴースト・ミステリーシリーズ(ミステリアス・コイン・バンク・シリーズ)」多数在庫中です!! 国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは怪奇&妖怪プラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

 

0 件のコメント:

コメントを投稿