2017年2月26日日曜日

マルサン商店の「ノーチラス号(初版)」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第100回)
 
今回は、絶版プラモデル情報局100回を記念しまして、国産プラモデル第1号と言われているマルサン商店の「ノーチラス号(初版)」を紹介いたします。
国内初のプラモデルに関しては、現在でも研究&追跡がなされていますが、確認できる唯一の現物証拠として、マルサン商店の「ノーチラス号」があり、国産第1号の由来ともなっています。
 
 
写真は、発売当時の組済みと初版パッケージです。まだ、左上のマルサンロゴには、ロゴ右側に「円+SAN」が無く、赤(3本)と白(2本)のストライプが描かれています。これは、当時のレベルのロゴを真似たものと言われています。そもそも、マルサン商店の「ノーチラス号」は、レベルの「ノーチラス号」をコピーした、技術確立のための商品とも言われています。
 
側面に品番が見えます。
ノーチラス号の品番は「ART.NO.7001」。以後、7002の「ダットサン1000」、7003の「PT212哨戒水雷艇」、7004の「B-47ストラトジェット」と続き、プラモデルの歴史が動きだします。
 
上箱は「貼り箱」と呼ばれるものです。
カラー印刷された紙を厚箱に貼り付けたもので、厚紙への直接カラー印刷が難しかった時代の手法です。
 
今回紹介する個体は、ウブだしデットストック状態と思われますので、当時の仕様指標になる貴重な逸品となります。
発売は1958年(昭和33年)12月。
当時価格は250円で箱サイズは10.5×33.5×2.8センチ。
本体はそのまま入っていますが、細かいパーツは台紙付のビニール袋に入っています。残念ながら、今回の個体は台座のみ欠品のようです。
 
本体のモールドもしっかり刻まれています。
 
台紙付のビニール袋です。もちろん未開封の貴重な存在。
白くランナーに巻き付いてる紙はデカールです。ちょうど裏側になってます。
初期のマルサン接着剤も確認できます。
 
台紙付ビニール袋を取り出した画像です。
組立書の他に、赤文字で「ノーチラス号」と書かれた紙と、マルサン商店からの注意事項紙が入っています。
価格250円表示のため?の刻印が見えます。 創世記のプラモデル箱には「定価」表示が無く、「定価」表示されるようになるのは数年後になってからとなります。
 
説明書の下に、当時の貴重なチラシがあります。
チラシには「第3弾 PT212哨戒水雷艇」が紹介されています。
もしかしたら、プラモデル最古のチラシかもしれません。
第3弾が「PT212哨戒水雷艇」なので、当然第2弾は「ダットサン1000」だったでしょうし、第1段は「ノーチラス号」となります。品番通りの発売順です。チラシ裏には「B-47ストラトジェット」2種類(マイクロキットとそうでない?もの)の発売も紹介されています。
作品募集の内容を読む限りでは、マルサン商店は先見の目を持ち、プラモデル業界の代理店的なポジションも画策していたように感じられます。
 
 
箱のつくりも紹介しておきます。いわゆる「耳」があるタイプや「組みたて式箱」ではなく、4辺が直接ホチキス(金具)で留められています。上箱も下箱と作りは同じですが、「貼り箱」のカラー紙によって、ホチキス(金具)部分は隠れています。
 
 
マルサン商店のノーチラス号が登場して、すでに約59年。そんな59年も前の記念すべき現物が、こうも美品で世の中に存在していることに驚きを感じます。
マルサンの刻印は、プラモデルという国内新産業の荒波を切り開くように、本体の艦首にしっかりと刻まれていました。
 
玩具界の国宝ともいえる逸品、「マルサン商店のノーチラス号 初版」の紹介でした。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
※今回、貴重なコレクションをお貸しいただきました猫が洞様に感謝申し上げます。

 
現在、タイムボックスでは、復刻版「マルサン商店 ノーチラス号」在庫中です!! 国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

100回記念といたしまして、3月中は通常よりも、さらに高額買取チャレンジ中です!!
現在在庫も少なく、ドシドシ気軽にご連絡ください!!

キャラクタープラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

 
 
 
 
 

2017年2月16日木曜日

今井科学の情報誌 「ロボダッチファン」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第99回)
 
今回は、今井科学の情報誌「ロボダッチファン 第1号」を紹介いたします。
 
今井科学の大ヒットシリーズ、ロボダッチプラモデルの発売開始は1975年ですが、ロボダッチの情報誌「ロボダッチファン」第1号が発行されたのは1981年10月でした。1981年といえば、ガンプラが社会現象になり、ガンプラ特集をしたコミックボンボンが衝撃的デビューを飾った年です。コミックボンボンの創刊もちょうど1981年10月のことでした。
 
「ロボダッチファン」発行は、バンダイの情報誌「模型情報」による広報戦略の大成功を意識した、今井科学のロボダッチをメイン商品に据えた新戦略のスタートだったと思われ、「ロボダッチファン」発行後、今井科学はロボダッチの新商品をハイペースで市場に投入していきます。
 
 
●「ロボダッチファン」
1号から10号まで発行されたとの話がありますが、私は9号までしか確認したことがありません。10号確認取れ次第、ご報告いたします。
各号約30ページで、1号~5号までは100円、6号~8号まで50円、9号は100円で店頭販売されていました。当時、みくに文具に7号が無料で大量に送りつけられてきたことがあるので、後半は無料配布をしていたのかもしれません。
 
それでは、1号の中身を公開。
第1号ということで、ここぞとばかりに商品が紹介されています。
 
 
 
 
今回の「ロボダッチファン」を参考に、ぜひ、ロボダッチコレクションへの入り口にしていただきたい。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
現在、タイムボックスでは、今井科学のロボダッチシリーズを多数在庫中です。国内外のキャラクタープラモデル多数在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

タイムボックスでは今井科学のロボダッチシリーズ高額買取中です。
現在在庫も少なく、超高額買取中です!!
キャラクタープラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで