2016年11月29日火曜日

バンダイ 「マジンガーZ」の組立書

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第94回)
 
今回はバンダイのマジンガーZ(電動)の「組立書」を紹介します。
永井豪氏の代表作、マジンガーZ。 マジンガーZのTOYと言えば、ジャンボマシンダーや超合金のイメージが強いのですが、当然、プラモデルも発売されています。
その発売時期は、ジャンボマシンダー(1973年4月下旬~5月上旬発売)や超合金(1974年2月発売)、よりも早い、1973年3月の発売でした。
当時の子供達はマジンガーZの感動を、最初に「プラモデル」で感じていたのです。
 
当時価格は600円。初期の成形色は紺色で、その後スカイブルー成形色に変更。
この初期成形色の紺色版は、現存数も少なく激レアです。
同年秋には100円増しの700円で「ジェットスクランダー付」も発売されました。
「ジェットスクランダー付」は後に900円に値上げされています。
 
 
バンダイのプラモデル「マジンガーZ」は、日本初のキャラクタープラモデル、今井科学の電動鉄人28号の流れを組み、足に単二電池を収納し、それを重りとして歩行します。
 
 
マジンガーZの代名詞、「ロケットパンチ」と「パイルダーオン」は当然のように再現され、ホバーパイルダーの合体によって、電動歩行のスイッチが入ると言うアニメと同じ仕掛けになっていました。
2図から登場する両足の爪を前後に出し入れすることにより、体を左右に振りながら、重量感たっぷりに前進歩行します。
 
開封済みで、ギヤーボックスを取り付ける1、2図まで作ってある個体を市場で数回見かけたことがあります。当時、完成させられずにそのまま保管されていたということなので、子供達にとって3図まで作り上げるのは困難だった模様です。
ロケットパンチとホバーパイルダーの仕組みがよくわかります。
組済みのマジンガーZが市場に出てくるときに、頭の冠部分の片方に穴が空いていて、「なぜ?」と思われる方が多いのですが、これは図のようにホバーパイルダーを無くさないために、糸で結びつけておくためのものです。
 
「電池を足に収納する」仕様は、少しづつ改善され、その後のバンダイのロボットプラモデルにも受け継がれます。
ゲッターロボ、グレートマジンガーでは、筒蓋方式の電池入れが、側面開閉式と改善され、ゲッターロボG、グレンダイザー、ライディーンでは、単三電池を使用することにより、足デカプロポーションの改善に成功しています。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
  
 
現在、タイムボックスでは、電動歩行「ゲッター2」「ゲッタードラゴン」「グレンダイザー」在庫中です!その他多数のバンアヂキャラクタープラモデル在庫しています。お気軽にお問い合わせください!

また、今回紹介したマジンガーZを始め、60年代、70年、80年代の電動歩行シリーズのプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年11月14日月曜日

マルサンのウルトラマンA超獣基地シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第93回)
 
今回は、マルサンから発売されたウルトラマンAの「超獣基地シリーズ」をご紹介します。
1972年の放送当時、ウルトラマンAのプラモデルはブルマァクや万創(バンソウ)からも発売されましたが、マルサンは低価格帯商品のみ発売していました。登場怪獣(超獣)のプラモデルはマルサンのみの発売で、ブルマァクや万創は主役のウルトラマンAを除くと、TACメカのみの発売となっています。
 
マルサンは1972年7月から品番NO.1のウルトラマンAとTACメカ5点の計6種を発売。9月にエースシリーズ品番NO.7から始まる「超獣基地」4種。その後にNO.11として「TACガン」を発売し、マルサンエースシリーズは全11種。
箱裏に描かれている基地合体完成図にはエースも参加していますが、エースの台座は平地にビルが建っているものなので、図のように合体はできませんでした。
 
 
マルサン製11種は全て各50円で、統一デザイン&サイズのキャラメル箱。
超獣基地の販売形態は、4種×6個で24個入りで1カートン出荷だったと記憶しています。
 
 
●「超獣基地NO.1 バキシム(品番 NO.7:50)」
箱サイズは16×10×3センチで、当時50円。
ウルトラ怪獣人気投票上位のバキシム。プラモデルでも抜群の人気度で、4超獣の中で一番の入手困難品。他種に比べ、現存数も極端に少ない。
成形色はオレンジ色。赤色もあるとの報告もある。TACアロー付。
 
 
●「超獣基地NO.2 ガマス(品番 NO.8:50)」
箱サイズは16×10×3センチで、当時50円。
成形色はグレー。TACスペース付。
 
 
●「超獣基地NO.3 ドラゴリー(品番 NO.9:50)」
箱サイズは16×10×3センチで、当時50円。
成形色は黒色、次いで水色が多いが、稀に黄色や赤色もある。
 
パッケージに貼られている証紙シールの色で、箱中の成形色がわかるとの報告もあるが、組み合わせの違う物も確認されているので、確率が高いぐらいの精度の模様。緑証紙が黒成形色で、赤証紙が水色成形色。TACファルコン付。
 
 
●「超獣基地NO.4 ガラン(品番 NO.10:50)」
箱サイズは16×10×3センチで、当時50円。
成形色は焦げ茶色。稀に赤茶(小豆色)もある。TACメカは付かず、ミサイル発射もない。超獣基地では一番地味な存在。
 
 
●「ウルトラマンA(品番 NO.001:50)」
箱サイズは10×16×3センチで、当時50円。
箱裏の組立図は単色とカラー版があり、デザインも若干違う。カラー版の方がレア。
成形色はグレーの「ラメ入り」と「ラメ無し」があり、カラー版が「ラメ無し」の模様。
 
 
 
マルサンのエースシリーズはその後、金型修正され、台紙貼りの袋入り商品として主に駄菓子屋流通で販売された。
画像は、その超獣基地シリーズ。成形色は複数あり、袋デザインは3種確認されている。
発売時期は、袋に®プラモデルではなく、®プラ模型とあるので、マルサンがプラモデル商標を売却した1974年以降と思われる。
袋裏の組立図。箱入りと比べると、金型修正個所がわかる。
これらの基地台座は、さらに若干手が入り、1975年発売の100円売りのテッカマンシリーズに再利用されている。
 
最後に、超獣基地シリーズによく同封されていた応募はがきを紹介。
当時、マルサンが展開していたオリジナル怪獣も紹介されている。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、マルサンのウルトラマンAシリーズ多数在庫中です!激レアの「バキシム」も在庫中です。お気軽にお問い合わせください!

また、今回紹介したマルサン超獣基地シリーズを始め、60年代、70年、80年代のウルトラマンシリーズのプラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで