2016年6月29日水曜日

ニチモ(日本模型)のSFシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第84回)

今回は、ニチモ(日本模型)のSFシリーズを紹介いたします。
シリーズは全6種。キングシャークのみ、再販を重ねているので知っている方も多いと思います。1968年2月に発売されたNo.1~3の「SF戦車型」、さらに同年5月発売のNo.4~6の「フライングサブ型」の2郡に分けられます。


●シリーズNo.1 「アドベンチャー」
ミサイル宇宙探検車「アドベンチャー」。1968年2月発売で当時350円。箱サイズは約18.5×31.5×4センチ。
当時の広告によると、ミサイルは自動発射、点滅式のライトがつき、観測ドームは上下に可動、広報パラボラレーダーは自動施回式とあります。単三2本使用。
※画像はキャラクターエイジVol.2(発行・株式会社学習研究社)より


●シリーズNo.2 「キングシャーク」
万能海底戦車「キングシャーク」。1968年2月発売で当時450円。箱サイズは約21.5×36.7×4.8センチ。
地上&海上&海底走行。水底走行中、障害物に邪魔されると自動的にレスキューカプセルを浮上させ、地上ではパラボラレーダーが可動し、ミサイルと後部格納庫のミニ・ファイターが発射できます。単二2本使用。
SFシリーズでは、このキングシャークのみ数年毎に再販されていたので、発売時期によるパッケージ違いを気にしなければ、入手は容易です。


●シリーズNo.3 「サブロック」
水陸両用地中戦車「サブロック」。1968年2月発売で当時400円。箱サイズは約19×31.5×4.8センチ。
フィンのついたローターを回転して走り、後部スイッチにより前・後進が自由自在。前輪のキャタピラもローター駆動に連動している。パッケージには水中モーター取付装置付とあるが、組立書を見る限りでは見当たらない。単三2本使用。


●シリーズNo.4 「マリーンバード4号」
フライングサブ「マリーンバード4号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。
水中モーター専用とパッケージに書かれている通り、別売りの水中モーターを購入しないと遊べない仕様になっている。パーツ成形色の一部が、非常にカラフルな蛍光塗料が吹き付けられているのも、このシリーズの特徴の一つ。「光る潜水艦」とは、発光シール(夜光シール)が付き、暗闇で「ぼわ~」と青白く光るのみ。フライングサブの名前の通り、パッケージには空飛ぶ姿が描かれているが、良く見ると、水中モーターもカッコよく描かれているのがわかる。シリーズ通して、成形色違いは確認されていない。


●シリーズNo.5 「マリーンバード5号」
フライングサブ「マリーンバード5号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図は当時、同封されていた懸賞チラシ。昭和43年の文字が見える。



●シリーズNo.6 「マリーンバード6号」
フライングサブ「マリーンバード6号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図はカラフルな成形色の箱中。
6号は後部パーツのみで、魚雷として遊べる模様。


ニチモは、このSFシリーズ発売以前の1963年にSF探検車を数点発売している。それらはさらに激レアな逸品として人気が高い。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したニチモのSFシリーズ「キングシャーク」、「マリーンバード5号」在庫中です!他SFメカはじめ、各メーカーのSFオリジナルプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したニチモのSFシリーズを始め、60年、70年代、80年代のSFおりじなるプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年6月14日火曜日

バンダイ「ウルトラセブン」のプラモデル その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第83回)
 
今回は、バンダイの「ウルトラセブン」のプラモデルを紹介いたします。
セブンシリーズのプラモデルは、1967年からマルザン(マルサン)が発売し、その後1970年頃からマルザンの資産を受け継ぎながらブルマァクが発売を開始。 いまだブルマァク製セブンプラモデルが市場に展開されている1973年、バンダイからもセブンシリーズのプラモデルが登場。これがバンダイの初のウルトラマンシリーズのプラモデルです。
 
 
1973年に発売されたバンダイのセブンシリーズは、その後、3回再販されますが、今回は、あまり、脚光の浴びない、最初の再販シリーズ(2版)を紹介します。
下図はホーク1号のみで版違いを紹介。元はウルトラホーク1号秘密基地からの単品売りから始まっています。そのため、デカールには「●●秘密基地」表記が残り、そのまま再販にも受け継がれています。
 
1979年当時のバンダイのチラシ。2つ折りの両面カラー。
シリーズは全5種。300円2種、100円2種の計4種が先行発売され、その後にマグマライザーが発売。なので、マグマライザーのみパッケージデザインが他と異なっています。
箱に張られている証紙は「セブン証紙」ではなく、全て「ウルトラマンシリーズ証紙」。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン セット1」
品番36061-300。発売は1979年3月で当時300円。箱サイズは23.5×15.2×4センチ。ウルトラホーク1号はゼンマイ走行。
「ウルトラセブン セット1」となっていますが、中身は1973年に発売されたウルトラホーク1号(ゼンマイ)に新造の2体の人形が付いた物。この時期といえば、ポピーがキングザウルスシリーズを展開し、第三次怪獣ブーム真っ只中だったため、パッケージもウルトラホークよりも、怪獣がメインになったと思われます。箱側面にマグマライザーの商品紹介はありません。
同封の人形成形色の組み合わせは「セブンとゴモラ」で「青色と黄色」の1パターンのみ確認。
 
初版ウルトラホーク1号には、飛行タイプのセブン1体が付いていますが、この2版からは、新造のアイスラッガーポーズセブンとゴモラ付きに変更。3版は2版と同じ構成で、4版は初版の復刻ということから、飛行タイプのセブンが復活するも、残念ながらゼンマイ走行が省略されて発売されました。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン セット2」
品番36062-300。発売は1979年3月で当時300円。箱サイズは23.5×15.2×4センチ。ウルトラホーク3号はゼンマイ走行。箱側面にマグマライザーの商品紹介はありません。
 
こちらも、1973年に発売されたウルトラホーク3号(ゼンマイ)に新造2体の人形を付けた物。ウルトラホーク3号の再販による仕様変更は、1号と同様の流れとなっています。
同封の人形成形色の組み合わせは「バルタン星人とレッドキング」で「青色と黄色」「赤色と深緑色」の2パターンを確認。
 
 
●バンダイ 「バルタン星人とウルトラセブン(36023-100)」
●バンダイ 「ゴモラとレッドキング(36024-100)」
両者共発売は1979年3月で当時100円。箱サイズは10×16×3.8センチ。組立図は下箱に印刷。
組立てには接着剤不要で、手足の間接にはゴム管を使用しスムーズな動きを再現。
バルタン星人のハサミは開閉でき、セブンのアイスラッガーは取り外し可能。
人形成形色の組み合わせは「バルタン星人とウルトラセブン」は「赤色と赤色」のみ確認。「ゴモラとレッドキング」は「オレンジ色と茶色」「茶色とオレンジ色」の2パターンを確認。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン マグマライザー」
品番36065-300。発売は1979年6月頃で当時300円。箱サイズは15.2×23.5×4センチ。マグマライザーはゼンマイ走行。
なぜか、マグマライザーのみ、箱中の帯は無し。
人形成形色の組み合わせは「ゴモラとレッドキング」で「オレンジ色と茶色」「茶色とオレンジ色」の2パターンを確認。
 
 
●あまり市場では見かけませんが、台紙売りの単品商品もあります。
紙裏に組立図が印刷されています。表のイラストのゴモラとレッドキングは、バンダイのゼンマイ歩行プラモデルのパッケージ画を使用していますが、セブンとバルタン星人は見たことがありませんので、描き下ろしのようです。
 
 
完成品です。画像のセブンのみ塗装されています。
 
 
同時期に発売された、バンダイ版のマットアローセット。カタログやチラシには紹介されていないので、謎の逸品と呼ばれています。
側面にセブンシリーズが紹介されていますので、おまけでご紹介しておきます。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したバンダイ「ウルトラセブンシリーズ」、ウルトラホーク1号(初版)、ウルトラホーク3号(初版)など、多数在庫中です!他メカコレはじめ、バンダイのキャラクタープラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したバンダイ「ウルトラセブン」シリーズを始め、60年、70年代、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで