2016年5月31日火曜日

ちょっと深いコレクター道 箱留め編

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第82回)

今回は、ちょっと深いコレクター道 「箱留め」編 を紹介いたします。

プラモデルの魅力の一つにパッケージがあり、
そのパッケージは、四隅が留められ、箱状になっています。
こちらをご覧下さい。
絶版プラモデルの箱に、よく見かけるホチキス留め。
商品によっては、「ホトキス留め」と「接着留め」の2パターンが存在します。

「目玉バンダイロゴ」以降の「万歳バンダイロゴ」でも、ものによってはこの通り。
「ホトキス留め」と「接着留め」の2パターンが存在します。
もちろん、このライディーンは「動力なしの復刻版」ではなく、2つとも初版の「電動歩行版」です。


「ホチキス留め」には、なんと、普通のホチキスを使った「横向き」も存在します。
野村トーイのアンドロメダです。
 「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの次に発売した、野村トーイの「宇宙空母ブルーノア」のプラモデル箱も、横ホチキス留めが確認されています。


昔のプラモデルは、ほとんどがホチキスで留められていましたが、
最近のプラモデルは、ホチキスを使わず、接着留めです。
実は、海外では昔から接着留めが主流でした。

こんな「箱の留め型」目線でコレクションの幅を広げるのも、楽しいかもしれません。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、60年、70年、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他、何でももバンバン買取中です。
もちろん、ミリタリー系、車など、何でもOK!!  お気軽にお問い合わせください!
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿