2016年2月24日水曜日

「ルパン三世」っぽいプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第76回)
 
今回は、「ルパン三世」っぽいプラモデルを紹介します。
 
昭和の時代には、いたるところに「●●」っぽいキャラクターの商品があり、
時代に敏感なプラモデル業界にもたくさんの「●●」っぽいプラモデルがありました。
 
マルイのずっこけオフロードシリーズです。
シリーズは3種類で、
No.1の「ボロクツワーゲン(MT-80C-01-500)」、No.2の「ユカイラインジャパン(MT-80C-02-500)」、No.3の「ヘルセデスベンキ(MT-80C-03-500)」です。
当時の価格は500円。ゼンマイやモーターではなく、フリクション走行です。
品番はMT-80C-●●とあるので、1980年の発売。
1980年といえば、カリオストロの城が公開された辺りです(1979年12月公開)。
マルイの商品は品番に発売年が入っているので、そのまま発売年が特定できます。
 
側面を見ると、しっかりとメインキャラが勢ぞろいしています。。。あ、五右衛門がいませんね。
運転手もルパンっぽい顔になってます。
ルパン三世だから胸のモールドも3? 峰不二子っぽい「カワイ子チャン」デカールも付いています。
 
 
「ルパン三世」っぽいプラモデルを、もうひとつ。
アリイの「びっくり! スパイ新兵器」の「No.1 ライター+パイプ」です。
当時100円。 このシリーズはNo.2やNo.3で「古代進」っぽいキャラや、「メーテル」っぽいキャラも描かれているので、こちらも1980年前後の発売と思われます。
 
 
こういった「●●」っぽい製品は、金型流用品がほとんどですので、元ネタプラモデルが当然あります。
マルイの「ずっこけオフロードシリーズ」元ネタは、1975年3月に同社が発売した「コミックレーサーシリーズ」。 アリイの「びっくり! スパイ新兵器シリーズ」は、1975年頃に発売されたナカムラの秘密兵器シリーズNo.1「秘密 ライター・パイプ」です。 これら元ネタプラモデルも非常に人気があります。
 
「ずっこけオフロードシリーズ」は箱変えだけではなく、運転手変更やマフラーなどのカスタム追加パーツ、ゼンマイからフリクションに変更。などなど、力が入っています。
 
 
「ずっこけオフロードシリーズ」は、ルパン人気だけでなく、車自体のセンスの良さも評価され、現在でも非常に人気のある絶版プラモデルとなっています。
 
 
最後に、正規の「ルパン三世」プラモデルも発売されていますので、そちらもご紹介。
クラウンの「ルパン三世」
当時300円。激レア品です。

1985年から、グンゼのルパン三世プラモデルがシリーズ発売されてます。
また、ツクダホビーもガレージキットブームに乗り、1984年からクラリス、ルパン、不二子、小山田マキ の1/6ジャンボフィギュアのキットを販売していました。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介した「●●」っぽいプラモデル各種在庫中です。在庫限りです!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。

また、60年、70年、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済み、その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿