2015年9月29日火曜日

日東科学 「歩く怪獣シリーズ」青箱

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第66回)
 
今回は、日東科学の「歩く怪獣シリーズ」青箱(ゼンマイ歩行)を紹介します。
発売は1978年。
日東科学が発売していたゼンマイ歩行のガメラシリーズ、ガッパ、恐竜シリーズから6種を選び、その後1種を加え、統一デザインの「ニットーの歩く怪獣シリーズ」として再発売。
 
 
1966年から始まったゼンマイ歩行の初期発売シリーズ箱は横長イメージだったが、それよりも少し縦長に模様替え。定価は400円。側面デザインが青色に統一されているので、通称「青箱」と呼ばれています。 箱絵は小松崎茂。

 このシリーズでは「ガメラ」「ガッパ」「ギャオス」「バルゴン」「チラノザウルス」「ステゴザウルス」の6種類が先に発売され、その後、NO.7の「ブロントザウルス」が追加。なので、商品同封チラシにはNO.6までの紹介となっています。
 
商品番号の「ART NO」は初版発売時の物がそのまま引き継がれ、組立書はコスト削減?により縮小小型化されています。箱の成形は、ホチキス留めとノリ留めの両方が確認されています。
箱中は7種全て青背景のガメライラスト帯で留められています。
NO1~NO6は1978年1月発売。 NO.7のブロントザウルスは同年12月発売(新規発売)。
 
シリーズNO.1「ガメラ」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.496-400
シリーズNO.2「ガッパ」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.497-400
シリーズNO.3「ギャオス」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.498-400
シリーズNO.4「バルゴン」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.64-400
シリーズNO.5「チラノザウルス」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.189-400
シリーズNO.6「ステゴザウルス」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.174-400
シリーズNO.7「ブロントザウルス」 箱サイズ15.5×27×4.5、ART.NO.695-400
 
あまり紹介される機会の少ない、恐竜3種を紹介します。
 
青箱シリーズはその後、価格を500円に値上げし、箱中の帯や構成はそのままで、ほぼ同デザインの通称「赤箱」にリニューアルされます。
値表記のみ改定の対応で良かったような気もしますが、怪獣プラモデルとして、もう少しインパクトの強い「赤色を基調とした箱」にしたかったのかも知れません。赤箱へのリニューアル年はガメラが「火炎怪獣 ガメラ」から「宇宙怪獣 ガメラ」に商品名が変更になっているのを考えると、「宇宙怪獣ガメラ」が公開された1980年あたりと思われます。
 
 
赤箱の方が発売期間が短かいようで、入手難易度は高めです。チラノザウルスやステゴザウルスは青赤共に出にくく人気があります。
赤箱の3匹恐竜、特に「チラノザウルス」「ステゴザウルス」はみたことないレベルです。
赤箱バルゴンもでません。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスでは、今回紹介した日東科学の「歩く 怪獣シリーズ」各種在庫中です。激レアな赤箱「バルゴン」も店内在庫中ですので、お気軽にお問い合わせお待ちしております!

また、今回紹介した日東科学の「歩く怪獣シリーズ」をはじめ、60年、70年、80年代の怪獣プラモデル高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 



2015年9月16日水曜日

今井科学 潜水 鉄人28号&鉄腕アトム&ソラン

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第65回)
 
 今回は、非常に珍しい「潜水 鉄人28号」がタイムボックスさんに入荷したと言うことで、今井科学の潜水キャラクターシリーズを紹介します。
 
今井科学のキャラクター水物プラモデルの初期作品となる「潜水 鉄人28号」「潜水 鉄腕アトム」「宇宙少年ソラン(潜水)」の3種は、今井科学の水物プラモデルの人気作「サブマリン707シリーズ」と同じ1965年の発売でした。
「潜水 鉄人28号」と「潜水 鉄腕アトム」はファミリーシリーズでしたが、「宇宙少年ソラン」は宇宙題材のアニメ作品が多くなった時期の発売だったので、宇宙シリーズになっています。

ファミリーシリーズ唯一の潜水2つ、No.4とNo.5の「鉄人28号」「鉄腕アトム」を並べて積むと、側面の青や赤線の波デザインが連続するといったニクイ演出もされ、当時の制作現場の士気の高さを感じさせてくれます。
 
 
それでは、各種単品を紹介します。
 
●「潜水 鉄人28号」 1965年4月発売で当時150円(KIT NO.453)
ファミリーシリーズNo.4。
箱サイズは約13×23×3.5センチで、組上げた時の全高は約15.5センチ。
今井科学ファミリーシリーズとは、No.1の「ジュニア 0戦はやと」からNo.20の「ストップ!にいちゃん」までの全20種が発売された定価100円~200円の人気シリーズ。
 
「潜水 鉄人28号」は、今井科学の鉄人28号プラモデルとしては後発。
成形色は発売時期の違いにより「濃青色」「水色」「グレー」の3種類があり、袋閉じタグも「青色(鉄人28号文字)」と「オレンジ色(プラスチックモデル文字)」の2種類がある。
本体はネジ留めなので、ゴムが切れた時のメンテナンスもできる。
 
 
●「潜水 鉄腕アトム」 1965年8月発売で当時150円(KIT NO.454)
ファミリーシリーズNo.5。
箱サイズは約13×23×3.5センチで、組上げた時の全高は約15センチ。
潜水アトムも鉄人28と同じ仕様を受け継ぎ、本体はネジ留め。
背中には空気室用のロケットを接着するが、このロケットが残っている組済み個体は少ない。
 
 
●「宇宙少年 ソラン」 1965年11月発売で当時150円(KIT NO.443)
イマイの宇宙シリーズNo.4。 ※写真の完成品は足下スクリュー欠品。
箱サイズは約13×23×3.5センチで、組上げた時の全高は約17センチ。
宇宙シリーズは、No.1の「宇宙パトロール ホッパ」からNo.12の「遊星仮面カー ライダー」までの全12種が発売された。価格帯は150円~500円で、モーター走行の「オート流星号」や「エムエムマシン」もこのシリーズだった。
 
完成品の造形は美しく、非常に凛々しいヒーロー立ちが再現されている。
ソランも本体ネジ留めを採用され、別パーツの頭は接着せずにキャップのように首にはめ込む。
他2種とは違い、スクリューンはそれぞれの足に1つの計2つある。このダブルスクリューンは、付属の特殊ハンドルパーツにより、同時に巻くことができる。
 
 
当時の今井科学商品カタログから、完成写真を紹介。
 
昔は、お風呂やプールといった水辺で遊べるプラモデルは、水物プラモデルと呼ばれ沢山の種類がありました。今井科学の水物プラモデルといえば「サブマリン707シリーズ」の他に、「007 サンダーボール作戦シリーズ」「ブルーサブ6シリーズ」などが有名です。「海賊王子」「オバケのQ太郎 00Q救命ボート」「バットマンボート」、がんばれ!マリンキッドの「P1-O号」などもあり、これらは潜水3種が発売された翌年から、順次市場に投入され、水物キャラクタープラモデルジャンルを確立させました。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスでは、今回紹介した「潜水 鉄人28号(未組立)」、「潜水 鉄腕アトム(組済)」「宇宙少年ソラン(未組立)」、さらに、今井科学キャラクタープラモデルを多数在庫中です! 謎の「ビルつき 鉄人28号(未組立)」も、同時入荷しました!! お気軽にお問い合わせ下さい。
また、今回紹介した潜水シリーズをはじめ、60年代今井科学のプラモデル高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで