2015年8月29日土曜日

緑商会 名作「モグラスシリーズ」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第64回)
 
 
今回は、数多くの傑作SFオリジナルプラモデルを発売した緑商会から、モグラスシリーズを紹介いたします。
※画像はサイズ比較できるように各モグラスを並べて写したもの。
 
モグラスシリーズは全5種が発売されました。発売順は「キングモグラス」「ベビーモグラス」「ビッグモグラス」「ジュニアモグラス」「ウルトラモグラス」。
初期発売の1966年から緑商会倒産直前の1978年まで売れ続けた大ヒットロングラン商品です。
それでは、発売順に紹介していきます。
 
 
「キングモグラス」 1966年11月発売で当時300円(F15モーター使用)
●初版箱サイズは17×31×4.5センチ。
ビートル2世、エコー7に続き、緑商会SFシリーズ第3弾として登場。
当時のカタログには全長109ミリと紹介されているが、190ミリの間違い。
登坂力はビートル2世の35度に対して驚異の45度。
ドリルなど、メッキ処理されたパーツは無い。
この初版箱にはST表記ありバージョンも確認されている。
 
画像右下の上から2版、3版、そしてユニオン社の「ベガ」「ガルーダ」の順。
●2版は当時400円で箱サイズは17×31×4.5(FA130モーター使用)。
販売期間中、価格修正シールにて500円に値上げされ、その後に印刷にて正式に500円に表記変更された。値上げと共に箱中の帯もなくなる。
●3版は当時500円で箱サイズは16×27×5(FA130モーター使用)。
発売時期により、本体成形色は赤、オレンジ、青の3色が確認されている。
 
緑商会倒産後、3版パッケージで社名ロゴのみ変更し、ユニオンモデルから電動そのままで発売継続された(成形色は青色)。その後、ユニオンモデルは商品名を変更し、「最強戦車 ベガ(電動・白成形色)」「機動戦車 ガルーダ(ディスプレイ・紺成形色)」として市場に再登場させた。「ガルーダ」の箱絵で「KING MOGURAS」タイトルの韓国版もある。
 
また、1999年に童友社から限定保存版として3版パッケージの物が復刻され、現在でも容易に入手可能だが、残念ながら動力部分は省略されている。
 
 
「べビーモグラス」 1967年8月発売で当時50円
●初版箱サイズは9×15×3センチ。動力は日東科学の50円岩ガメラシリーズと同じフリクションギヤ。初版箱にはST表記ありバージョンも確認されている。
また、全てが英語表記の輸出版もある。
 
ベビーモグラスは、キングモグラス2版、ビッグモグラス3版、ジュニアモグラス2版が発売された時期の商品カタログには紹介されていないので、この時期には発売されておらず、キングモグラス3版、ビッグモグラス4版、ジュニアモグラス3版の新デザイン画発売時期頃の1976年にチビクロ4点パックとして久しぶりに市場に再登場したと思われる。
●2版は当時「ベビービートル」「ベニーエコー」「ベビーモグラス」「ベビーバンガード」の4点パックで300円。商品名はチビクロ4点パック。箱サイズは9×15×3センチ。動力なしのコロ走行。本体成形色はオレンジ色。
 
2版パッケージでユニオンモデル版もある。
 
 
「ビッグモグラス」 1967年11月発売で当時500円(F25モーター使用)
●初版箱サイズは20×38×6.5センチ。登坂力45度
箱正面左下の青赤黄色丸デザインの25モーター表記があるものが初版箱初期発売分。
その後、この25モーターロゴは表記されなくなり、F15モーター使用と文字記述される。
この初版箱にはST表記ありバージョンも確認されている。
 
画像下の左から2版、3版、4版。
初版から3版まで、成形色の変更はなかったが、3版途中から「魅力的!!成形色が変わりました」告知シールが張られ、本体成形色が青色、ドリルはメッキ処理された小豆色となり、その成形色のまま4版に引き継がれている。
●2版は当時500円で箱サイズは20×38×6.5センチ(FA130モーター使用)
※画像は「昭和プラモ名鑑(大日本絵画)」より
●3版は当時700円で箱サイズは20×38×6.5センチ(FA130モーター使用
※画像は「ホビージャパン(83年1月号)」より
●4版は当時700円で箱サイズは20×30×6センチセンチ(FA130モーター使用)
 
4版パッケージでユニオンモデル版(モーター)もある。
また、1999年に童友社から限定保存版として動力省略された4版パッケージの物が復刻され、現在でも容易に入手可能。
 
 
「ジュニアモグラス」 1968年7月発売で当時200円(ゼンマイ)
●初版箱サイズは14×24.5×5センチ。登坂力30度
 
画像右下の上から2版、3版
2版までは成形色は同じで、3版は本体黄色。
●2版は当時350円で箱サイズは14×24×5センチ(ゼンマイ)
●3版は当時350円で箱サイズは14.5×24×5センチ(ゼンマイ)
 
1999年、「キングモグラス」「ビッグモグラス」同様に3版パッケージでユニオンモデル版(成形色は黄色、ゼンマイ)もあり、童友社からは限定保存版として3版パッケージの動力省略版が復刻されている。
 
 
「ウルトラモグラス」 1968年11月発売で当時1200円(リモコン)
●箱サイズは27.5×43×9.5センチ。登坂力40度。
2ボタンのリモコンとモーター組込み式ギヤボックス、宇宙船発射用ゼンマイ付。
 
画像右下はウルトラモグラス ゼネコン版。
●「ウルトラモグラス ゼネコン版」
1969年6月発売で当時価格は1000円。リモコンボックスを省略した分、安くなっている。箱サイズは27.5×43×9.5センチ。
モーター組込み式ギヤボックス付、ゼネコンは別売り、マブチ・ゼネコンに特化した仕様。
ゼネコン以外は前年発売のリモコンウルトラモグラスと同じ。
1971年の商品カタログにはゼネコンタイプしか紹介されていないので、リモコン版ウルトラモグラスの後継商品扱いと思われる。
 
ウルトラモグラスは、緑商会の大ヒットロングラン商品「モグラスシリーズ」において、唯一、初期発売分のみの商品で、箱違いの再販は存在しない。
 
 
緑商会に限らず、各メーカーのSFオリジナルプラモデルを紹介した資料は非常に少ないので、その全貌を把握するのは現在でも非常に困難を極めます。
これらSFオリジナルプラモデルを特集したものとして有名な書籍に、「キャラクターエイジNo.2(学研)」がありますが、わりと情報が不正確なところもあるので、最新情報を元に読み進め、コレクションの資料として活用してもらいたい。

 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスでは緑商会のSFオリジナルプラモデルを多数在庫中です! また、当時のオールカーラーの商品カタログなども在庫中ですので、 お気軽にお問い合わせ下さい。
また、今回紹介した緑商会「モグラスシリーズ」含め、各社SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 
 


2015年8月17日月曜日

モノグラム 将軍ウォーリアーズシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第63回)
 
 
今回は、アメリカ モノグラム社から発売された「SHOGUN  WARRIORS」のプラモデルを紹介します。
日本国内では「ショーグン・ウォーリア」や「ウォーリアーズ」と紹介されていますが、今回は漢字表記の「将軍ウォーリアーズ」で統一します。

1978年、モノグラムから発売された全6種類のジャパニーズロボット群です。
金型はもちろんバンダイ製。 価格は当時4ドル。箱のサイズは各種同じで31.5×21×6.5センチ。日本国内には、当時ほとんど輸入され無かったプラモデルです。
※画像はモノグラム1978年商品カタログより。
 
「ゲッタードラゴン」「グレートマジンガー」「ライディーン」の3種が先行発売され、その後に「グレンダイザー」「ガイキング」「ゲッター2」の3種が加わりました。
当時のバンダイオリジナル版とは違い、モノグラムのプラモデルシリーズ最大の特徴は、「電動歩行」が省略され、さらに成形色がアメリカナイズされていることです。


それでは、各2種ずつ紹介していきます。
 
「DRAGUN(品番6020)」 「MAZINGA(品番6021)」
グレートマジンガーの箱中です。バネ式のロケットパンチはそのまま。
国内版とは異なる、スクランブルダッシュのシルバー成形色がカッコいい。
パーツは写真のようにそのまま入っています。
 
 
「RAYDEEN(品番6022)」 「RAIDER(品番6023)」
ライディーンの箱中です。なんと、超合金コレクターでは有名な「ブラックライディーン」仕様です!!これだけでプレミアムな感じを受けます。
電池蓋になっている足裏パーツは必要ないとの事で付いません。ライディーンはなぜか、パーツは袋入りです。
 
ゲッター2の箱中です。本来ない胸のデカール(モノグラムオリジナル)が付いています
 
 
「GAIKING(品番6024)」 「GRANDIZER(品番6025)」
残念ながらシュリンク未開封ですので、箱中は不明です。
 
 
側面の商品紹介画像がいわゆる「クール」でしたので、こちらも紹介しておきます。
 
海外では、将軍ウォーリアーズで育った少年達が、日本の超合金やジャンボマシンダーを収集しているそうです。 最近では、絶版プラモデルの情報にも接したようで、実際、絶版プラモデルも収集対象とするコレクターが増えだしたと言われています。

 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスで将軍ウォーリアーズ元となった当時のバンダイロボットプラモデルを多数在庫中です! 当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。
また、今回紹介したモノグラム「将軍ウォーリアーズ」シリーズ含め、元ネタのバンダイ ロボット系プラモデル高額買取中です!! 他特撮、アニメ&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで