2014年11月30日日曜日

日東科学 「ガメラ」の最初期プラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第46回)
 
今回はゴジラと並ぶ大怪獣「ガメラ」のプラモデル第一号を紹介します。
1966年8月、当時200円で「ガメラ」と「バルゴン」の2種が同時リリースされ、日東科学の「ガメラ」プラモデルは、このゼンマイ歩行シリーズからスタートしました。
 
 
あまり知られていない、「ガメラ(ゼンマイ歩行)」の第一号初版パッケージです。
よく、誌面などで紹介されているので、箱絵自体はご存知の方も多いと思います。しかし、初期発売分はそれらとは違い、画像のように上側面が黒色主体のデザインになっています。
この黒箱タイプが流通したのは同年9月以降に「ワニゴン」「ガマロン」が発売されるまでの1、2ヶ月間という非常に短期間だったようです。
 
 
1966年9月に「ワニゴン」、続いて「ガマロン」が発売されると、黒デザインの上側面が変更され、「ウルトラ怪獣シリーズ」と表記された4怪獣紹介のデザインになります。この箱は70年あたりまでの約3年間使用されました。
写真の箱中タグは赤青ですが、初期発売の物は黒箱と同じで、戦車などのイラストが描かれた緑色印刷のタグが使用されています。
組立書です。66年7月発売の黒箱から変わりなく、使用されています。
 
 
71年に入ると箱デザインはそのままで、日東科学のロゴのみ変更されたパッケージが使用されるようになりました。STマークが追加表記されたのは同年夏あたりからのようです。
約3年間使用された旧ロゴパッケージよりも、この新ロゴパッケージ版の方が、現存率は低いようです。 箱デザインはロゴのみ変更ですが、このタイミングで中身のプラモデルは大きく修正され、組立書の構成も大きく変わりました。
分かり易い所では、「体の腕付け穴」「体のゼンマイ穴」「甲羅の鱗模様」「甲羅のゼンマイ穴」「足裏のギザギザ追加」「歯が1本1本鋭く」 などです。ゼンマイの取付穴の数も3つから4つに増えています。 
 
このゼンマイ歩行シリーズはその後、イラスト箱になり、「黄色デザイン箱(当時300円)」→「青色デザイン箱(当時400円)」→「赤色デザイン箱(当時500円)」と再販を重ねられていきます。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
(みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは、日東科学ガメラシリーズのプラモデル多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、アニメ&特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 
 

2014年11月9日日曜日

「宇宙の騎士 テッカマン」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第45回)
 
今回は「宇宙の騎士 テッカマン」のプラモデルを紹介します。
テッカマンのプラモデルは1975年末に日東科学とマルサンから発売されました。
日東科学のテッカマンシリーズは、その後にマークとフジサキから復刻されています。
 
 
では、まずはマルサンのテッカマンシリーズを紹介します。
マルサンからは、小箱タイプが計8種類が発売されています。
 
上下箱タイプがシリーズNo.1~4で当時各100円。商品番号はテッカマンが501-100、ペガスが502-100、ブルーアース号が503-100ランボス基地が504-100。
ランボス基地は割とよく見かけますが、それ以外の入手は根気が必要です。特にシリーズNo.1の「テッカマン」がでないようです。
台座の島は合体させて遊ぶことができます。この台座は72年発売のウルトラマンエース超獣シリーズ(当時50円)の島を金型改修し再利用したものです。
 
 
キャラメル箱タイプは4点パックで当時300円。
商品番号505~508。商品順は上下箱と同じです。
シリーズ番号は側面にNo.5~8と表記されています。
キャラメル箱タイプの台座は、前年まで同社で発売していたウルトラマンレオシリーズ小の「マッキー3号」「マッキー1号」「マックモール」「マックロディ」を再利用しています。
 
 
 
次に、日東科学のテッカマンシリーズを紹介します。
コチラの方が、コレクションとしてはメジャーなようです。
大小合わせて8種類が発売されています。
発売元は日東科学となっていますが、製造元:株式会社タツノコプロ/事業部となっているので、復刻再販の際のメーカー違いはその辺りに理由がありそうです。
 
「宇宙の騎士 テッカマン」当時300円(ART.NO.547-300)
テッカヤリ、ショルダーが発射。ワルダスターコマ付。
 
「ペガス ロボット」当時400円(ART.NO.548-400)
胸からテッカマンが飛び出します。
 
「ブルーアース号」当時500円(ART.NO.549-500)、ゼンマイ走行。
透明パーツを多用し船内の南城二(シール)が見えます。
 
「光子ロケット」当時500円(ART.NO.550-500)、ゼンマイ走行。
大サイズの4種類全て、デカールではなくシール仕様になっているのが特徴です。ブルーアース号と光子ロケットは合体可能との話もありますが、説明書を見る限りでは合体はしないようです。
 
 
日東科学キャラメル箱タイプの4点パックです。当時300円。なかなか市場に出ません。
テッカマンミニシリーズNo.1テッカマン ART.NO.551-80
テッカマンミニシリーズNo.2ペガス ART.NO.552-80
テッカマンミニシリーズNo.3ブルーアース号 ART.NO.553-80
テッカマンミニシリーズNo.4光子ロケット ART.NO.554-80
説明書によると、この小サイズは、光子ロケットにテッカマンやベガスを乗せたり、ペガスの背中にテッカマンを乗せたり、ブルーアース号に光子ロケットを合体させたりできるようです。
 
 
マーク製、1982年発売。
ちょうど、ガンプラブームや懐かしアニメにスポットが当たってきた時代です。
「宇宙の騎士 テッカマン(MK-013-300)」当時300円
「パワーアップロボ ペガス(MK-014-300)」当時30円
初版の日東版はシールが付いてますが、マーク版にはついていません。
 
 
フジサキ製。アニメ名作シリースとして1984年に復刻。当時500円。
フジサキ版には黒台座が新たに付き、付属シールは新規制作で日東科学版とは違うものとなっています。
フジサキからはタツノコアニメのプラモデルが、多数復刻予告されましたが、実現されたのは数点のみという寂しい結果でした。
 
 
「宇宙の戦士 テッカマン」シリーズは、マルサン、日東科学、マーク、フジサキまで合わせると全19種。ぜひ、コンプリート目指していただきたい。マーク版も出会いは少ないですが、タイミング良ければ今でも割と安めで入手可能です。
 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)




現在、タイムボックスではマルサン、日東科学、マーク、フジサキの「テッカマン シリーズ」多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、アニメ&特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。


コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで