2014年9月26日金曜日

永大グリップ アクマイザー3のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第42回)
 
今回は永大グリップの「アクマイザー3シリーズ」を紹介します。
シリーズは計4種です。
(小箱はシュリンク4点パックなので1種とカウントしています)
 
 
76年初頭の永大グリップのチラシです。(nandemoplamoさん提供)
タイムボカンやマッハGOGOGO、コンドールマンなどが紹介されています。
このチラシではアクマイザー3は6種類の発売予告がされていました。
発売予定はいろいろあったようですが、「ザビタン・イビル・ガブラ人形詰め合わせ(300円)」「ギャリバード(300円タイプ)」「ギャリバーサイドカー(300円タイプ)」は現在までに現物確認がとれていませんので、発売はされてはいないようです。
 
 
発売された4種です。
 
一番高額キット「ギャリバード(ゼンマイ)」です。シリーズNo.1で箱サイズは24×35×6.5センチ。発売当初は800円でしたが、後に1000円に値上げされました。
組立書からわかるように、700円のギャリバーがそのまま入っています。それにサイドカーパーツが追加されたセット版という内容です。組立書の最後に、「ザビタン、イビルは近日発売します。」とあります。 わりと良く見かけるキットですが、大型箱のため箱状態の悪い物が多く、美品はわりと少ないです。
 
 
「ギャリバー(ゼンマイ)」です。シリーズNo.2で箱サイズは19×27×6センチ。
当時価格は700円とされていますが、初期発売分は500円の可能性あり。こちらもわりと良く見かけます。ギャリバーの組立書最後にも、「ザビタン、イビルは近日発売します。」とあります。 
 
 
「ザイダベック号(ゼンマイ)」です。シリーズNo.3で当時600円。箱サイズは18.5×25×5センチ。
6連発ミサイル発射装置付。人気があるので、遭遇頻度は低いです。
 
綺麗な組済み在庫がありますので紹介しておきます。非常に出来が良いのが有名です。
ミサイルは画像の様に上部を持ち上げ6本装填します。
 
 
そして、コレクション最難関の4点パック(当時300円)です。箱サイズは各11.5×14.5×3センチ。
書籍やネットで見かけても、パッケージ画がゼンマイ版と同じなので、(小)タイプと気が付く方が少なく、このキャラメル箱タイプの存在自体あまり知られていないようです。

ガブラは、駄菓子屋台紙売りタイプでは発売されましたが、箱入りでは発売されていないようです。このザビタン、イビルはゼンマイのギャリバードに乗せて遊べそうなイメージがありますが、実際にはそういった仕様では制作されていないのが残念です。
タイムボックスでは4点パック版、現在在庫中です!お問い合わせお待ちしております!!
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスでは「状態の良い ギャリバード(ゼンマイ)」「ザイダベック号(組済み・ゼンマイ)」そして、最難関!!4点パックの「ザビタン」「イビル」「ギャリバード(小)」「ザイダベック号(小)」のシュリンク開封の4点バラ!!在庫中です。お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、キャラクタープラモデル買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2014年9月7日日曜日

マルイ オバケのQ太郎シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第41回)
 
今回はマルイの「オバケのQ太郎シリーズ」を紹介します。
 
 
オバケのQ太郎シリーズは、テレビシリーズ放送時期に合わせて、今井科学(1965、66年)、アオシマ(1971年)、ナカムラ(1971年)、マルイ(1972年)、バンダイ(1985年)からプラモデルが発売されました。
今井科学とアオシマは多くのオバケのQ太郎シリーズを発売していますが、それ以外で人気の高い、マルイの珍品シリーズを紹介します。
 
 
 
マルイの新オバQシリーズNo.1「Qちゃんジェット」です。当時250円。
1972年1月発売、箱サイズは17×25×4.5センチ。
 
組立説明書は全て、子供たちのために漢字は使用せず、ひらがなで書かれています。
 
 
 
マルイの新オバQシリーズNo.2「Qちゃんレースカー」です。当時250円
1972年1月発売、箱サイズは17×25×4.5センチ。
Q太郎とO次郎は「Qちゃんジェット」と同じものです。
 
 
「Qちゃんレースカー」よりも「Qちゃんジェット」の方が市場に出にくいようで、出現率は1対4ぐらいの割合です。
オバケのQ太郎のプラモデルといえば、アオシマの「三輪車シリーズ」も出にくいです。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 

 
現在、タイムボックスではマルイ「Qちゃんレースカー」「Qちゃんジェット」を始め、各メーカーのオバQプラモデル在庫確保に力をいれてますので、多数在庫中です。お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、キャラクタープラモデル買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで