2014年8月28日木曜日

ロボット刑事のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第40回)
 
今回はロボット刑事のプラモデルを紹介します。
1973年9月頃、バンダイから2種、アオシマから2種の計4種が発売されました。
 
まずはバンダイ版から紹介。
「マスコット ロボット刑事」「ジョーカー」の2種を発売。どちらも激レアで、特にジョーカーの現存数の少なさは、マスコミシリーズでTOP3に入ります。
「マスコット ロボット刑事」当時300円。箱サイズは25.5×18×4センチ。マスコミシリーズNo.64。マザーとミニ・ジョーカー付。ミサイルボタンは脇の下にあります。
 
マスコットロボット刑事とジョーカーの箱側面。商品紹介にはヒーロー達の熱き時代が感じられます。
 
「ジョーカー(ゼンマイ)」当時500円。箱サイズは20×29×5.5センチ。マスコミシリーズNO.62。ドアは開閉し、ミサイル発射装置付。
 
 
アオシマからも2種が発売。
アオシマ版の特徴は、車体プラ部分は2種とも同じとなっているが、金属製シャーシ部分で、ゼンマイ版(1000円)とリモコン版(1600円)の仕様違いを実現している点です。
両者共、13センチほどのロボット刑事Kが付いています。
 
ロボット刑事シリーズNO.1「ジョーカー」
ゼンマイ走行。特殊ゼンマイは金属シャーシに組み込み済み。箱サイズは27×41×6センチで当時1000円。
 
ロボット刑事シリーズNO.2「リモコン ジョーカー」
モーターギヤ関係は金属シャーシに組み込み済み。箱サイズは28.5×45×8センチで当時1600円。
 
 
シャーシ部分の写真です。ゼンマイ版は組途中で、タイヤをつけた状態です。
ゼンマイ版、リモコン版の2種ともジョーカーとロボット刑事Kのプラ部分は同じ。
成形色も同じでジョーカー本体は赤色。
ジョーカー成形色が青色の物は、発売終了後の金型の再利用パチSFプラモ「電光スパック号(当時1600円)」が入れられたもの。ジョーカー箱にこの青色スパック号が入っていることがあるので要注意。
 
 
カタログの完成写真です。Kが帽子を被っているのはバンダイマスコットだけ。帽子は脱着可能です。
完成品を見る限りでは、ジョーカーはバンダイ版の方がオリジナルに近いように見えます。アオシマ版はかっこよすぎですね。
「アオシマプラモの世界(竹書房)」によると、バンダイとは価格帯で棲み分けをしていたそうです。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 
 
 
現在、タイムボックスではバンダイ「ジョーカー」在庫中です。お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、特撮ヒーロープラモデルの在庫が不足しています!買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿