2014年6月12日木曜日

宇宙戦艦ヤマトのプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第35回)
 
今回はバンダイ 宇宙戦艦ヤマトのプラモデルを紹介します。
 
宇宙戦艦ヤマトの第1号のプラモデルはゼンマイ走行でした。
その後、ディスプレイタイプに変更されますが、コレクターズアイテムとして人気の高い3バージョンを紹介します。
 
 
初版のパッケージアートは小松崎氏が担当。1974年末発売で当時500円。
バンダイマスコミシリーズNO.113。ゼンマイ走行で波動砲からミサイル発射。
箱サイズは19×27×4.5センチ。
写真の物は1977年の再販品。
1977年夏、再放送後の宇宙戦艦ヤマトの人気に後押しされ、新規宇宙戦艦ヤマト商品開発に伴い、過去に発売したゼンマイ「宇宙戦艦ヤマト」が先行して当時の仕様のまま再販されました。
 
 
1974年の初版と1977年の再販の違いは、箱側面のデザイン色と言われていますが、40年近く前の商品であり、色あせなどもあって、識別方法としては現実的ではなさそうです。一応、紹介しておきますが、1974年がモスグリーンで1977年がエメラルドグリーンです。2種を並べれば、色の違いがなんとかわかる程度です。 一般的な識別方法は、版権シールの違いが有効とされています。
英文字が1974年の初版。漢字表記が1977年の再販。
因みに、初版と再版では市場価格は倍以上も違います。
 
 
写真の様に、再販にはバンダイロゴが目玉無しの新ロゴタイプもあります。
これは発売期間が短く、市場でもめったにお目にかかれない激レア品です。
 
 
 
78年3月発売。銀河モデルで当時700円。
箱サイズは20×29.5×5センチ。初版よりも箱は少しだけ大きいです。
「ゼンマイ走行はいらない。第三艦橋再現を!」とのファンの声を反映し、金型改修されたのが、この銀河モデルです。青い地球をイメージした透明飾り台が付くのは、この銀河タイプのみ。
発売期間は短く、1978年3月~7月の超短期間のみのようです。
 
 
 
銀河モデルには説明書違いが2種確認されています。
「枠無し」と「枠有り」です。
枠有りタイプが後発売分です。わかりやすい組立て図の再構成の他に、モノグラムカラーによる塗装指定が追加されています。
 
 
 
78年7月、「さらば宇宙戦艦ヤマト」公開時に合わせ、テレサ・パネル付きを発売。
キットはヤマトカラーの着色済み。当時700円。
再度金型改修され、このタイプから側面の展望デッキが別パーツとなっています。
台座固定では無く、パネルに固定されるため、宇宙空間を航行するヤマトが再現されます。このパネル仕様は「超巨大戦艦」にも採用されています。
 
 
今回紹介したヤマトとほぼ同スケールに、野村トーイの「1/1200 宇宙戦艦ヤマト(当時500円)」もあります。発売は「さらば 宇宙戦艦ヤマト」の頃ですが、こちらはバンダイ初版と肩を並べるぐらいの激レア品。見かけたら、即入手をお勧めします!
 
 
「宇宙戦艦ヤマトのプラモデル、、、何もかも皆懐かしい、、、、」
そんな沖田艦長の声が聞こえてきそうな逸品たちです。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田dai)

現在、タイムボックスでは今回紹介したバンダイの74年、77年版「宇宙戦艦ヤマト(ゼンマイ)」を在庫しております。74年版初版は、値段の落ち着いている今が買い時かもしれません。さらに、銀河モデル!!野村トーイ版ヤマトシリーズ!!などなど、買取強化中です!!箱だけや組済でも高額買取いたします!!お気軽にお問い合わせ下さい。その他プラモデルもバンバン買取中です。
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿