2014年2月26日水曜日

クラウン 再販「鉄人28号」の見分け方

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第28回)
 
今回は、クラウンのゼンマイ「鉄人28号」の再販と初版の違いをご紹介します。
鉄人28号に限らず、見た目は初版と違いのない「再販プラモ」の見分け方は、どれもほぼ一緒ですのでご参考にしてください。
 
昭和49年発売。私は値上がり後の300円表示の物しか見たことがありませんが、当時価格は200円とのことです。
Aが初版で、Bが再販です。パッと見は同じです。

まずは、簡単に表示価格が違います。再販は1800円表記です。
そして、初版は「ホチキス留め」になってます。


版権シールも色違いがあります。初版は赤色で、再販は青色です。
ただ、鉄人28号の場合は、再販でも赤色に近い版権シールが張られているものもあるので、色の違いでの識別はお勧めできません。 バンダイの電動グレンダイザーやグレートマジンガーのように、初版と再版で版権シールの形状が違うものは、正面写真だけで、簡単に識別できます。
 
 
最後に、クラウンのゼンマイシリーズや50円シリーズをざっと並べてみました。
画像紹介をしていませんが、あとはGR-2などがあります。
ジャイアントロボシリーズは箱絵を変えロングランて再販されています。


「アゴン」「ゴアゴンゴン」が昔からレアで人気がありましたが、ゼンマイの「マグマ大使」「ジャイアントロボ」「鉄人28号」「GR-2」の初版もすべて、いざ探すと入手は大変だと気づかされます。 ただ、再販を作って、初版を飾る。そんな楽しみ方ができる幸せなコレクターアイテムですので、ぜひセットでコレクションを目指すのも楽しいかもしれません。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



現在、タイムボックスでは「ゴアゴンゴン」のみ在庫中です。なるへそ君やチキチキマシン猛レースなど、クラウンの他激レアプラモも在庫中ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/

買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿