2014年12月31日水曜日

マルサン 宇宙家族ロビンソン一家シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第48回)
 
今回は、マルサンから発売された「宇宙家族ロビンソン一家」のプラモデルを紹介します。
1967年に「スペースタンク」「ジュピターⅡ号(大)」「フライデー」「ジュピターⅡ号(小)」の全4種・箱違い1種の計5種類が発売。
 
発売順は、プラモデル50年史データベースによると、
写真箱の「スペースタンク」が67年5月発売、その後に「ジュピターⅡ号(大)」「フライデー」が同年11月、イラスト箱の「スペースタンク」もこの2種と同じ11月発売と思われます。「ジュピターⅡ号(小)」が12月とのことですが、マルザン68年カタログには紹介されていないところを見ると、「ジュピターⅡ号(小)」は68年に入ってからの発売とみられます。
 
マルサンは67年7月からマルザンへ社名変更をしたので、その後に発売された商品は全てマルザンロゴへ変更されています。なので、社名変更前発売の写真箱「スペースタンク」はマルサンロゴ。社名変更後発売の「フライデー」や「ジュピターⅡ号(大)」「ジュピターⅡ号(小)」はマルザンロゴになっています。
社名変更時期をまたいでの発売となった「キャプテンウルトラシリーズ」は、箱デザインはそのままで、マルサンロゴをマルザンロゴに変更しただけで発売され続けましたが、「スペースタンク」は、「ジュピターⅡ号(大)」と「フライデー」がイラスト箱になったのに合わせ、イラスト箱に変更したと思われます。
 
 
「スペースタンク(マルサン)」 商品番号850:800
当時800円で箱サイズは20.5×34.5×8センチ。
シャーシがブリキ製。モーター付きで、リモコンボタンは2個。
車体は透明プラスチックと言うよりは、柔軟性のある透明ソフビ素材。
コクピットパネルモニターに、ウルトラマンと怪獣が戦っているモールドが彫られているのが有名。
 
 
「スペースタンク(マルザン)」 商品番号850:800
イラスト箱も中身は写真箱と一緒だが、パーツ袋にマルザンのタグが付く。
組立書は、写真箱に使われたマルサンロゴの組立書が余っていたらしく、初期発売分はそのまま流用したらしい。その後はマルザンロゴに変更された組立書が入れられている。
 
 
 
「ジュピターⅡ号(大)」 商品番号809:1500
 
当時価格1500円。箱サイズはマルサンプラモデル最大で、62×31×8センチ。本体自体も直径30センチある大型キット。ライトを点滅させ、船内を回転させながらモーターミステリー走行する。そしてブザー?も鳴らす。本体上部は透明パーツが使用されているので、船内でフライデーやロビンソン一家が活躍している姿が見える仕様になっている。シリーズ中では一番市場に出やすい。
 
 
 
「フライデー」 商品番号807:800
当時800円で箱サイズは37.5×24.5×7センチ。
ロビンソン一家シリーズの鬼門。未組立てはマルサン電動シリーズの中でもTOPクラスの入手難易度。今のところ、未組完品は3個体のみ現存確認されているだけ。
噂では、そのうちの1つを某鑑定団の司会者様がお持ちとか、、、。
完成品大きさは約30センチ。マルサン発売の1/6?ロビンソン一家人形シリーズが、フライデーと遊べるように同規格サイズ。
手を前後に動かし、頭部を点滅させ、電子音を鳴らしながらリモコン電動歩行する。
 
 
 
「ジュピターⅡ号(小)」 商品番号817:200
当時200円で箱サイズは15×25×4.5。ゼンマイによりミステリー走行する。底部分はブリキ製でミステリー走行ゼンマイ組込み式。このブリキ底+ミステリー走行ゼンマイは、そのままマルザンから発売された「ミニラ」にも使用されている。モーターライズの(大)のハッチは開閉しないが、この(小)のハッチは開閉する。なぜ写真箱にデザインが戻ったのかは謎。
 

スペースタンクやフライデーは、今でも人気がかなり高く入手困難となっていますが、ぜひ、コレクションにチャレンジしていただきたい。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。


みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは、海外ドラマのプラモデル多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、今回紹介の「宇宙家族 ロビンソン一家」のプラモデル高額買取中です!! 他アニメ&特撮&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 
 

2014年12月14日日曜日

野村トーイ 宇宙戦艦ヤマト シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第47回)
 
今回は、劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」公開を記念して、
野村トーイの宇宙戦艦ヤマトシリーズを紹介します。
1978年発売。「1/1000アンドロメダ(当時1000円)」「1/1000ナスカ(当時1000円))」「1/1200宇宙戦艦ヤマト(当時500円)」「1/1200アンドロメダ(当時500円)」の全4種類。
※バンダイ100円ナスカは大きさ比較用です。
 
 
「1/1000 アンドロメダ(当時1000円)」
拡散波動砲や波動エンジンはオレンジ色のクリヤーパーツ。成形色が色分けされているので、素組みでもアニメ色のアンドロメダになる。
 
野村トーイ版の最大の魅力は、前方側面にある可変翼。
バンダイの電飾アンドロダ(1/700 当時1600円)の可変翼(25,26パーツ)は接着固定式であるが、野村トーイ版の可変翼(39パーツ)は収納可能式となっている。
 
 
「1/1000 ナスカ(当時1000円))」
ミニサイズのデスパデータとイーターⅡ付。複眼はオレンジ色の透明パーツ仕様。甲板はバンダイ100円シリーズ(現在は200円に値上り)と同じく、シールを張るようになっていたので、子供にも簡単に綺麗なナスカが完成した。昆虫的なフォームのナスカは子供達にも人気があり、さらに大きなナスカのプラモデルは、この野村トーイ版しかなく、一番人気の商品だった。今でも人気が高く入手困難である。
 
 
「1/1200 宇宙戦艦ヤマト(当時500円・06294-500)」
出来がよく、当時の設定に忠実と噂のある野村トーイの1/1200宇宙戦艦ヤマト。たしかに、完成品は出来が良い。
1/1200完成品。非常に精密に見えるが、全長は22センチほど。これもバンダイ初版のゼンマイヤマトと並ぶ人気のある激レア扱いです。
 
 
「1/1200 アンドロメダ(当時500円・06307-500)」
野村トーイ4種の中で、一番市場に出にくいのがこの1/1200アンドロメダです。
完成全長約23センチ。このサイズにしてはヤマト同様精密で完成度も高いです。
可変翼は接着固定式。透明パーツは台座のみ。
 
 
 
最後に、4種側面画像です。
発売順は、1/1000「アンドロメダ&ナスカ」に商品番号が表記されていないので断定できませんが、当時の記憶と、箱のST番号より、1/1000「アンドロメダ&ナスカ」が同時発売。その後に1/1200「宇宙戦艦ヤマト」「アンドロメダ」の順と思われます。
 
「宇宙戦艦ヤマト モデリングガイド(メディアワークス)」には、野村トーイ宇宙戦艦ヤマトシリーズの発売開始が1979年11月と紹介されていますが、ミス記述で正しくは78年発売。11月が本当ならば、78年11月からの発売のようです。
 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。


みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは、宇宙戦艦ヤマトのプラモデル多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、今回紹介の「宇宙戦艦ヤマト 野村トーイシリーズ」やバンダイ「デフォルメ モデル立体ポスター付 ヤマト(当時3500円)」などなど、ヤマトシリーズ高額買取中です!! 他アニメ&特撮&ロボットプラモデルも買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 

2014年11月30日日曜日

日東科学 「ガメラ」の最初期プラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第46回)
 
今回はゴジラと並ぶ大怪獣「ガメラ」のプラモデル第一号を紹介します。
1966年8月、当時200円で「ガメラ」と「バルゴン」の2種が同時リリースされ、日東科学の「ガメラ」プラモデルは、このゼンマイ歩行シリーズからスタートしました。
 
 
あまり知られていない、「ガメラ(ゼンマイ歩行)」の第一号初版パッケージです。
よく、誌面などで紹介されているので、箱絵自体はご存知の方も多いと思います。しかし、初期発売分はそれらとは違い、画像のように上側面が黒色主体のデザインになっています。
この黒箱タイプが流通したのは同年9月以降に「ワニゴン」「ガマロン」が発売されるまでの1、2ヶ月間という非常に短期間だったようです。
 
 
1966年9月に「ワニゴン」、続いて「ガマロン」が発売されると、黒デザインの上側面が変更され、「ウルトラ怪獣シリーズ」と表記された4怪獣紹介のデザインになります。この箱は70年あたりまでの約3年間使用されました。
写真の箱中タグは赤青ですが、初期発売の物は黒箱と同じで、戦車などのイラストが描かれた緑色印刷のタグが使用されています。
組立書です。66年7月発売の黒箱から変わりなく、使用されています。
 
 
71年に入ると箱デザインはそのままで、日東科学のロゴのみ変更されたパッケージが使用されるようになりました。STマークが追加表記されたのは同年夏あたりからのようです。
約3年間使用された旧ロゴパッケージよりも、この新ロゴパッケージ版の方が、現存率は低いようです。 箱デザインはロゴのみ変更ですが、このタイミングで中身のプラモデルは大きく修正され、組立書の構成も大きく変わりました。
分かり易い所では、「体の腕付け穴」「体のゼンマイ穴」「甲羅の鱗模様」「甲羅のゼンマイ穴」「足裏のギザギザ追加」「歯が1本1本鋭く」 などです。ゼンマイの取付穴の数も3つから4つに増えています。 
 
このゼンマイ歩行シリーズはその後、イラスト箱になり、「黄色デザイン箱(当時300円)」→「青色デザイン箱(当時400円)」→「赤色デザイン箱(当時500円)」と再販を重ねられていきます。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
(みくに文具 上田大)


現在、タイムボックスでは、日東科学ガメラシリーズのプラモデル多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、アニメ&特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 
 

2014年11月9日日曜日

「宇宙の騎士 テッカマン」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第45回)
 
今回は「宇宙の騎士 テッカマン」のプラモデルを紹介します。
テッカマンのプラモデルは1975年末に日東科学とマルサンから発売されました。
日東科学のテッカマンシリーズは、その後にマークとフジサキから復刻されています。
 
 
では、まずはマルサンのテッカマンシリーズを紹介します。
マルサンからは、小箱タイプが計8種類が発売されています。
 
上下箱タイプがシリーズNo.1~4で当時各100円。商品番号はテッカマンが501-100、ペガスが502-100、ブルーアース号が503-100ランボス基地が504-100。
ランボス基地は割とよく見かけますが、それ以外の入手は根気が必要です。特にシリーズNo.1の「テッカマン」がでないようです。
台座の島は合体させて遊ぶことができます。この台座は72年発売のウルトラマンエース超獣シリーズ(当時50円)の島を金型改修し再利用したものです。
 
 
キャラメル箱タイプは4点パックで当時300円。
商品番号505~508。商品順は上下箱と同じです。
シリーズ番号は側面にNo.5~8と表記されています。
キャラメル箱タイプの台座は、前年まで同社で発売していたウルトラマンレオシリーズ小の「マッキー3号」「マッキー1号」「マックモール」「マックロディ」を再利用しています。
 
 
 
次に、日東科学のテッカマンシリーズを紹介します。
コチラの方が、コレクションとしてはメジャーなようです。
大小合わせて8種類が発売されています。
発売元は日東科学となっていますが、製造元:株式会社タツノコプロ/事業部となっているので、復刻再販の際のメーカー違いはその辺りに理由がありそうです。
 
「宇宙の騎士 テッカマン」当時300円(ART.NO.547-300)
テッカヤリ、ショルダーが発射。ワルダスターコマ付。
 
「ペガス ロボット」当時400円(ART.NO.548-400)
胸からテッカマンが飛び出します。
 
「ブルーアース号」当時500円(ART.NO.549-500)、ゼンマイ走行。
透明パーツを多用し船内の南城二(シール)が見えます。
 
「光子ロケット」当時500円(ART.NO.550-500)、ゼンマイ走行。
大サイズの4種類全て、デカールではなくシール仕様になっているのが特徴です。ブルーアース号と光子ロケットは合体可能との話もありますが、説明書を見る限りでは合体はしないようです。
 
 
日東科学キャラメル箱タイプの4点パックです。当時300円。なかなか市場に出ません。
テッカマンミニシリーズNo.1テッカマン ART.NO.551-80
テッカマンミニシリーズNo.2ペガス ART.NO.552-80
テッカマンミニシリーズNo.3ブルーアース号 ART.NO.553-80
テッカマンミニシリーズNo.4光子ロケット ART.NO.554-80
説明書によると、この小サイズは、光子ロケットにテッカマンやベガスを乗せたり、ペガスの背中にテッカマンを乗せたり、ブルーアース号に光子ロケットを合体させたりできるようです。
 
 
マーク製、1982年発売。
ちょうど、ガンプラブームや懐かしアニメにスポットが当たってきた時代です。
「宇宙の騎士 テッカマン(MK-013-300)」当時300円
「パワーアップロボ ペガス(MK-014-300)」当時30円
初版の日東版はシールが付いてますが、マーク版にはついていません。
 
 
フジサキ製。アニメ名作シリースとして1984年に復刻。当時500円。
フジサキ版には黒台座が新たに付き、付属シールは新規制作で日東科学版とは違うものとなっています。
フジサキからはタツノコアニメのプラモデルが、多数復刻予告されましたが、実現されたのは数点のみという寂しい結果でした。
 
 
「宇宙の戦士 テッカマン」シリーズは、マルサン、日東科学、マーク、フジサキまで合わせると全19種。ぜひ、コンプリート目指していただきたい。マーク版も出会いは少ないですが、タイミング良ければ今でも割と安めで入手可能です。
 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)




現在、タイムボックスではマルサン、日東科学、マーク、フジサキの「テッカマン シリーズ」多数在庫中です。  当然、在庫限りです!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、アニメ&特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。


コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 

 

2014年10月28日火曜日

ファイヤーマンのプラモデルシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第44回)

 
今回はバンダイの「ファイヤーマン シリーズ」を紹介します。
 
バンダイから3種のプラモデルが発売されています。
1973年の5月に「マリンブル」、6月に「マリンゴン」、7月に「モグリアン」が発売されました。
 
「マリンブル」と「マリンゴン」が当時400円でゼンマイ走行。「モグリアン」がモーター走行で当時600円でした。
「マリンブル」「マリンゴン」は割と入手しやすいのですが、「モグリアン」がなかなか手に入らないコレクターさんも多いのではないでしょうか?出現率は10対1ぐらいのようです。
 
 
各メカの紹介です。
 
「マリンブル」マスコミシリーズNO.57。ミサイル2発を装填発射可。
なぜか、この「マリンブル」のみ、箱中装填が豪華になっています。尖った先端部分を固定するためだと思いますが、箱を開けた瞬間の豪華さは、「カマキリ男」「電動歩行 ライディーン」などと共に、バンダイキャラプラモのTOP5に入るでしょう。
 
「マリンゴン」マスコミシリーズNO.58。ミサイル2発を装填発射可。
円谷メカには夕焼けが似合います。そんな代表的なパッケージアート。入手しやすさも含め、これだけは所有しておきたくなる逸品です。
 
「モグリアン」マスコミシリーズNO.61。4本のドリルが回転。FA130モーター付き。
バンダイメカプラモデルのドリル2王者といえば、ウルトラマンタロウの「ベルミーダ2世」と、この「モグリアン」が長年君臨してきました。バンダイプラモデルコレクションの中でもこの2種はTOPクラスです。
しかし、ドリルが自動回転するのは「モグリアン」だけで、「ベルミーダ2世」のドリルは手動回転というのはあまり知られていません。そして、「ベルミーダ2世」の走行はゼンマイです。それもあってか、長年ほぼ同じ評価額でしたが、ここ数年は「モグリアン」の方が高値になってきています。
ドリル2本の「ベルミーダ2世」に対し、「モグリアン」は4本ですから、ここ数年で評価額も倍になりそうな勢いがあります。
 
 
ファイヤーマンのマスコミシリーズ番号は57、58、61です。
最後に、時代背景がわかるように、前後中の商品を紹介しておきます。
NO.56「仮面ライダーV3(ゼンマイ)」
NO.59「マスコット 仮面ライダーV3」
NO.60「流星人間ゾーン マイティライナー(ゼンマイ)」
NO.62「ロボット刑事 ジョーカー(ゼンマイ)」
となっています。
 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)




現在、タイムボックスでは美品の「マリンゴン」在庫中です。その他の特撮プラモデル多数在庫中です!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、バンダイ特撮&ロボットプラモデルを買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。


コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2014年10月9日木曜日

今井科学の昆虫プラモ「ゆかいな仲間たち」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第43回)
 
 
今回は今井科学の「スナップモデル ゆかいな仲間たち」を紹介します。
 
昭和40年代生まれの方は、一度は作ったことがあるのでは?というぐらいロングランの人気商品でした。
初版は1973年5月発売。パッケージを何度も変えて90年後半まで店頭に並んでいたようです。
 
 
赤とんぼのセットで、各時代のパッケージを紹介します。
(1)1973年5月発売(初版)で当時価格150円で上下箱タイプ。
(2)1973年6月発売で300円の2点パック。
(3)1973年夏前後?)当時50円でキャラメル箱タイプ。
(4)1975年春~夏発売で4点パック300円(単品80円)。キャラメル箱タイプ。
(5)1982年3月発売で当時100円。上下箱タイプ。
(6)1987年5月発売で当時300円。上下箱タイプ。
(7)1995年?発売で当時500円。上下箱タイプ。
 
 
(2)と(6)は単品が2種セットになったものです。市場でもあまり見かけませんので知ってる方も少ないと思います。
 
(1)の初版のみ、ガラス板などに吸盤で飾れる花台座が付いていました。
 
 
各シリーズ、まとめて紹介いたします。
※パッと見では気が付きませんが、この時期は台座と生き物の組み合わせが変わっています。
 
 

 
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 
 
現在、タイムボックスでは「殿様ガエルとてんとう虫」在庫中です。その他の昆虫&動物プラモデル多数在庫中です!! お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、動物&キャラクタープラモデル買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。
 
 
在庫はコチラ!↓↓↓   動物&昆虫プラモは「カテゴリー/その他」です。 
http://www.timebox.jp/products/137533540692586.html?


コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2014年9月26日金曜日

永大グリップ アクマイザー3のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第42回)
 
今回は永大グリップの「アクマイザー3シリーズ」を紹介します。
シリーズは計4種です。
(小箱はシュリンク4点パックなので1種とカウントしています)
 
 
76年初頭の永大グリップのチラシです。(nandemoplamoさん提供)
タイムボカンやマッハGOGOGO、コンドールマンなどが紹介されています。
このチラシではアクマイザー3は6種類の発売予告がされていました。
発売予定はいろいろあったようですが、「ザビタン・イビル・ガブラ人形詰め合わせ(300円)」「ギャリバード(300円タイプ)」「ギャリバーサイドカー(300円タイプ)」は現在までに現物確認がとれていませんので、発売はされてはいないようです。
 
 
発売された4種です。
 
一番高額キット「ギャリバード(ゼンマイ)」です。シリーズNo.1で箱サイズは24×35×6.5センチ。発売当初は800円でしたが、後に1000円に値上げされました。
組立書からわかるように、700円のギャリバーがそのまま入っています。それにサイドカーパーツが追加されたセット版という内容です。組立書の最後に、「ザビタン、イビルは近日発売します。」とあります。 わりと良く見かけるキットですが、大型箱のため箱状態の悪い物が多く、美品はわりと少ないです。
 
 
「ギャリバー(ゼンマイ)」です。シリーズNo.2で箱サイズは19×27×6センチ。
当時価格は700円とされていますが、初期発売分は500円の可能性あり。こちらもわりと良く見かけます。ギャリバーの組立書最後にも、「ザビタン、イビルは近日発売します。」とあります。 
 
 
「ザイダベック号(ゼンマイ)」です。シリーズNo.3で当時600円。箱サイズは18.5×25×5センチ。
6連発ミサイル発射装置付。人気があるので、遭遇頻度は低いです。
 
綺麗な組済み在庫がありますので紹介しておきます。非常に出来が良いのが有名です。
ミサイルは画像の様に上部を持ち上げ6本装填します。
 
 
そして、コレクション最難関の4点パック(当時300円)です。箱サイズは各11.5×14.5×3センチ。
書籍やネットで見かけても、パッケージ画がゼンマイ版と同じなので、(小)タイプと気が付く方が少なく、このキャラメル箱タイプの存在自体あまり知られていないようです。

ガブラは、駄菓子屋台紙売りタイプでは発売されましたが、箱入りでは発売されていないようです。このザビタン、イビルはゼンマイのギャリバードに乗せて遊べそうなイメージがありますが、実際にはそういった仕様では制作されていないのが残念です。
タイムボックスでは4点パック版、現在在庫中です!お問い合わせお待ちしております!!
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 


現在、タイムボックスでは「状態の良い ギャリバード(ゼンマイ)」「ザイダベック号(組済み・ゼンマイ)」そして、最難関!!4点パックの「ザビタン」「イビル」「ギャリバード(小)」「ザイダベック号(小)」のシュリンク開封の4点バラ!!在庫中です。お気軽にお問い合わせ下さい。さらに、キャラクタープラモデル買取強化中です!!箱だけや組済その他キャラクタープラモデルもバンバン買取中です。

コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで