2013年11月30日土曜日

マルサン トッポ・ジージョ シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第22回)
 
今回はマルサン「トッポ・ジージョ」シリーズをご紹介します。

マルサン商会は、1966年12月、500円の「トッポ・ジージョ(ゼンマイ)」「トッポ・ジージョ(リモコン)」を発売、翌年2月、200円「トッポ・ジージョ(小)」を発売しました。
 
 
まずは、当時500円のゼンマイ版です。
トッポ・ジージョシリーズの中では、市場に出にくい物です。
箱は28×22×6.5センチと大きく、電動と同じく、両足を前後に動かし歩きます。
耳はスポンジ。ゼンマイを巻いた後は、背中のスイッチのON-OFFで歩き出します。
足裏タイヤやネジなどの小部品は電動の流用です。
 
よく、電動トッポ・ジージョと本体部分は同じと勘違いされている方もいますが、まったくの別物です。顔のみ、並べてみました。
電池は単一で、大きい方が電動です。

トッポジージョは、顔だけでもかなり大きく、ゼンマイ版の顔は高さ8センチもあります。
しかも体のパーツよりも大きいです。
前回紹介した、謎のゼンマイブースカは、このゼンマイ トッポ・ジージョの内部仕様を、受け継ぎ、発売されたのだろうと想像できます。


リモコン版です。当時800円。
箱サイズは36.5×25.5×7センチ。リモコンは黒プラのみ。青ブリキタイプはありません。
写真のように、当時、2000円に値上げされた物もあります。
マルザン キャプテンウルトラのシルバースター(650円)にも2000円値上げシールが貼られている物を見かけます。

現物は、まず、顔と耳(スポンジ)の大きさに驚かされます。組んだ姿も、愛嬌があって可愛いです。
昔はどこのアンティークショップでも見かけたのですが、最近は見かけることは少なくなりました。リモコンやギヤーボックス、タイヤ、ネジなどが他マルサン電動怪獣と同じため、電動怪獣の欠品を埋めるために、多くの未組個体は部品取りにされたようです。
某アンティークショップの倉庫には、部品取りされたトッポ・ジージョの残骸が大量に眠っているという噂もあります。
 
 
トッポ・ジージョ(小)です。当時200円。
箱サイズは22.5×13.5×4.5センチ。カラーの完成図が入っています。
完成品はペコちゃんのように首がゆらゆら揺れます。
美品も割と多く現存しているようです。
 

3種類でコンプリートと、わりと集めやすいコレクションアイテムですが、
しかし、そこはマルサンシリーズ。全て美品を求めるとなるとやはり難易度は高くなります。

※写真のゼンマイ版とリモコン版の耳スポンジが逆になってます。
写真撮り次第修正画像に差し替えします。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)



タイムボックスでは、今回、トッポ・ジージョ3種入荷在庫中です!
マルサン電動の値上がりとともに、今後はトッポ・ジージョ関係も値上がりが予想されます。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿