2013年8月30日金曜日

バンダイ 仮面ライダープラモデル その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第16回)
 
今回は絶版プラモデルコレクション中でも、最高峰のジャンルをご紹介します。
ヒーロー物の最高峰といえば、仮面ライダーです。
 
発売はバンダイから。
仮面ライダー(71年発売)、V3(73年発売)、Xライダー(74年発売)は、ディスプレイタイプの「マスコット」とゼンマイ走行の「大サイズ」の2種類が基本です。
アマゾンライダー(75年発売)はディスプレイタイプの「マスコット」のみ発売。ストロンガー(75年発売)はマスコットサイズがゼンマイ走行も兼ねました。
マスコット 仮面ライダー(71年発売・当時250円)


仮面ライダーV3(73年発売・当時300円)
 
 
仮面ライダーX(74年発売・当時300円)
 
 
仮面ライダーアマゾン(75年発売・当時350円)
 
 
仮面ライダーストロンガー(75年発売・当時400円)

 
仮面ライダー(大・当時500円)には「究極プラモデル大全(白夜書房)」でも報告されているように、発売時期によって、箱側面製品番号違いがあります。
初期が5276-500(3種)、後期箱が8622-500(1種)です。
 
仮面ライダー(大)と同じように、マスコット仮面ライダーにも、発売時期で2種類のデザイン違いがあります。ST番号も違いますが、製品番号が違います。
画像上の5281-250が初期箱。下の8624-250が後期箱です。
初期箱は、ホチキス留めではなく、ノリ付けです。


次回は、問い合わせも多い、「キャラメル箱タイプのマスコット仮面ライダー」とでも、
命名するしかない、究極の仮面ライダー激レアプラモデルを詳しくご紹介します。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

 


 
タイムボックスでは、バンダイ マスコットライダー各種、在庫取り揃えております。
WEBに載せていない在庫もありますので、気軽にお問い合わせ下さい!
 
バンダイヒーロープラモデルは、在庫薄のため、どこよりも高く買取中です!
大切なコレクションを手放すときは、プラモに強いタイムボックスまで!!
http://www.timebox.jp/
 
 
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
メールアドレスはコチラ rk@timebox.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿