2013年6月30日日曜日

今井科学 オリジナル怪獣の軌跡

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第12回)
 
今井科学のオリジナル怪獣です。
よく見かけるのは、1984年3月に再販されたこのパッケージです。
「ネッシー」「バギラ」「シウルス」「ガルバ」の4種類です。
この再販では、バギラやガルバが出にくいかな?と言われてましたが、
近年はネッシーが一番人気のようです。

ナカムラ、クラウン、童友社、オダカ、日東、コグレなどなど、67年前後には各社オリジナル怪獣を商品化していました。
今回紹介する今井科学のオリジナル怪獣は、他怪獣のような一発屋ではなく、日東の「ガマロン」「ワニゴン」に並ぶ、オリジナル怪獣世界のメジャー怪獣です。


初版発売は第一次怪獣ブームさなかの67年頃。
まず、マスコットシリーズNO.22として66年11月に「怪獣ガルバ(当時50円)」が発売。
「水中怪獣 ワニラ(当時50円)」は67年1月、ウルトラシリーズNO.3、
「怪獣バギラ」は67年2月、ウルトラシリーズNO.4として発売。
「ネッシー」は68年2月にマスコットシリーズNO.29「怪獣王子ネッシー」として正規キャラとして発売。
 
 
その後、再生今井科学から70年代にミニシリーズとして復活。
このときは、まだキャラメル箱(50円)スタイル。
同時に「ワニラ」のみ商品名が「シウルス」に変更。
「ウルトラ怪獣 バギラ(ミニシリーズNO.1)」「ウルトラ怪獣 ガルバ(ミニシリーズNO.2)」「ウルトラ怪獣ネッシー(ミニシリーズNO.3)」「水中怪獣 シウルス(ミニシリーズNO.4)」の4種で、ネッシーにはまだ、タケル少年が付属しています。

ネッシーの箱側面商品紹介には、シウルスを除いた3種のみが紹介されているところを見ると、当初のラインナップには、シウルスはなかったように思われます。



そして84年3月に復活
 ここから、ネッシーにタケル少年は付属しなくなります。
 
 
その同年末の11月に、ロボダッチ 「大恐竜島(4200円)」に「ガルバ&バギラ&ネッシー」の3点のみ同封参加。

 

その後、「マスコット恐竜(シリーズNo.3・300円)」として「ガルバ&バギラ&ネッシー」の3点パックとして再登場。

 
 
初版に近づくほど、入手難度は上がりますが、マルサン怪獣などのような超高額ではなく、しかも、基本シリーズ4種類でコンプリートですので、10年ぐらいかけてコツコツコレクションするにはお勧めです。
 


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。



タイムボックスでは、オリジナル怪獣プラモデル、在庫薄のため高価買取中です!
大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、お気軽にご連絡下さい。
http://www.timebox.jp/


買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

0 件のコメント:

コメントを投稿