2013年3月25日月曜日

マルイ 変身サイボーグみたいなプラモ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第6回)

あるジャンルものが流行ったりすると、世の流れはそれを追随します。
ソフビ怪獣が流行れば世はソフビ怪獣や人形。
超合金が流行れば、各社は合金おもちゃを連発。

そんな流行に敏感な、メーカーがあります。
そう、東京マルイ玩具、通称「マルイ」です。

宇宙戦艦ヤマトが流行れば、自社金型を使い、なんとか、宇宙戦艦ヤマト風のプラモシリーズを展開。機動戦士ガンダムが流行れば、ガンダム風のシリーズを展開。
そうです。マルイとは有名な「ガンガルシリーズ」を生み出したメーカーです。
現在はプラモデルよりもエアガンやRCメーカーとして有名ですね。

さて、今回はそんなマルイのプラモデルを紹介します。
透明ボディーで内部メカがみえるという斬新な発想で74年発売。
メカボーグ2号です。




頭には、優れた人間の脳を使用しているという設定ですので、人間と同じぐらいの大きさのようです。



当時、この透明ボディーという切り口で、シリーズを展開しました。
「メカボーグ2号」「メカボーグ怪獣」「メカニックマシン1~4号」の6商品を発売。



お気づきかと思いますが、この透明ボディ戦略、マルイのオリジナルではありません。
タカラから72年に発売され、大人気商品となった、変身サイボーグ1号の影響です。

この商品名、なぜ2号なのか?中に入っている的紙に「悪いメカボーグ」と描かれているメカボーグがいます。
 
この「悪いメカボーグ」が1号で、開発失敗により暴走?悪となり、正義の味方的な「2号」が開発されたものと予想されます。
 
メカニックマシンはメカボーグ2号の専用マシンかと思いきや、メカニックマシン2号には一般パイロットが操縦している模様が描かれているので、支援マシンのようです。
 

金型流用商品なので、「メカボーグ2号」は、72年発売の版権商品「シルバー仮面(ゼンマイ歩行)」、「メカボーグ怪獣」の方は、71年に発売されたマルイ オリジナル怪獣プラモ「ジラゴン(ゼンマイ歩行)」が元ネタとなっています。
「メカニックマシン1~4号」は名前を変え、再々再販ぐらいの商品です。
もし、メカニックマシンの元ネタプラモデルもコレクションの対象にするのでしたら、、、、
いまだ全貌の解明はされていない暗黒プラモ郡ですので、数十年の収集の旅が待っているのは確実です。楽しくもありますが、チャレンジにはお気をつけ下さい。
 

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 (みくに文具 上田大)
 
 
-ps-
タイムボックスでは、今回紹介した「メカボーグ2号」「メカニックマシン1号」「メカニックマシン3号」在庫中です!!
ぜひ、貴方のコレクションにお加えください。
マルイプラモデル、在庫薄のため高価買取中です!
http://www.timebox.jp/
 

-ps2-
マルイからは、「シルバー仮面」の他に「レッドバロン」「新ウルトラマン」「ウルトラマンタロウ」「オバQ」「巨人の星」「あしたのジョー」「アニマル1」などの版権プラモモデルも発売されています。あまり、目立たない存在商品でしたので、今ではレア度は高いものばかりです。
(新マンのメカものは再販されましたので、そちらは入手は容易となっています。)
特に「あしたのジョー」のプラモデルは謎の逸品となっています。
 
 

2013年3月14日木曜日

マルサン商会 金型流用怪獣

(第5回)

プラモデルメーカーが倒産すると、財産であるプラモデルの金型は、他メーカーに引き取られたりします。

さて、今回はそんなお話です。

オリエンタルモデルの「ウルトラエックス」と「ウルトラゼット」です。

箱絵には、見慣れた怪獣が描かれています。

当時は、パチ怪獣のプラモデルも一つのジャンルとして存在していましたが、
これは、倒産したマルサン商会の100円ウルトラ怪獣シリーズの金型流用商品です。

箱中にラゴンとペギラの姿が見えます。
金型流用ということで、マルサン商会が発売した100円怪獣シリーズのプラモデルと同じものが入っています。

怪獣名は「ラゴン」→「ラドゴン」、「ペギラ」→「ペギラス」に変更され、なぜか、「ウルトラエックス」の箱絵にはゴメスが描かれていますが、ゴメスではなく、ラゴンが入っています。
状態の悪い物は見ることはありますが、状態の良い物はなかなかお目にかかれません。

金型が流用された商品は、無版権物となる場合が多いので、プラモデルに刻印してある(C)表記は消されます。しかし、なぜかラゴンのみ、(C)刻印は消されずに残っています。

アンティークショップなどで
「オリエンタルのラゴンは(C)表記が残ってるんですよねぇ~」
と話したりすると、ショップオーナーから
「詳しいね~」
とお褒めの言葉をもらえるはずです。
昔から真贋情報の一つとされていましたので、こういった知識をこっそり楽しむことができれば、深コレクターの仲間入りです。

さて、オリエンタルモデルのほかにも、金型流用の商品を発売したメーカーがあります。
ヨーデルのミニミニ怪獣シリーズです。
因みに、ラゴン含め、3種全て、ヨーデル発売分には(C)刻印は消されています。


オリジナル商品でもある、マルサン商会100円怪獣シリーズ「ペギラ」「ラゴン」「ゴメス」は超お宝となっていますので、入手は大変困難です。
まずは、こういった金型流用プラモデルをコレクションし、数年、あるいは数十年かけて、じっくりとオリジナルとの出会いを待つのも、楽しみのひとつかもしれません。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 (みくに文具 上田大)



-ps-
タイムボックスでは、今回紹介したオリエンタルモデル2種、ヨーデル3種が入荷したしました!!
状態の良いものはなかなか出会えません。セットでの出会いも機会は少ないはずです。
在庫は各1つですのでお見逃しなく!

マルサン商会100円怪獣シリーズ、在庫切れのため高価買取中です!
http://www.timebox.jp/


-ps2-
マルサン商会100円怪獣シリーズは「ウルトラマンプラモデル大鑑(竹書房)」「ウルトラマン大全集(講談社)」「総天然色ウルトラQ 上巻(講談社)」「怪獣・ヒーローお宝鑑定カタログ(朝日ソノラマ)」「究極プラモデル大全(白夜書房)」「ウルトラ怪獣バリューブック(株式会社グリーンアロー出版社)」などで紹介されています