2013年2月25日月曜日

今井科学と中村産業の「宇宙エース」

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第4回)
 
「宇宙エース」は、ガッチャマンやタイムボカンシリーズで有名な、竜の子プロダクション(タツノコプロ)製作の第一作テレビアニメです。
 
プラモデルは今井科学からファミリーシリーズNo.7として発売されました。
 
ファミリーシリーズの中ではレアな部類にはいります。
プラモデル50年史によれば、発売は1965年7月。
写真のものは未組立美品です。
 
 
さて、今回は「宇宙エース」プラモデルの紹介ではありません。
プラモ業界では、同一キャラクターを複数のメーカーが商品化していることがあります。
 
こちらは翌年の66年7月に中村産業から発売されたプラモデルです。
 
これも正規の「宇宙エース」のプラモデルです。
中村産業版も、今井科学に負けないレアな逸品です。
 
今井科学版は、完成すると鉛筆立てになり、子供たちの机に飾れるようになります。
中村産業版は、宇宙エース自体が飛ぶのではなく、頭についたプロペラをモーターで飛ばして遊べるようになります。タイムボックスでは組済みの在庫もありますので、ぜひ、そちらをご覧ください。
 
「宇宙エース」に限らず、「ミラーマン」や「ウルトラシリーズ」、時代の浅いところでは「マクロスシリーズ」なども2社以上のメーカーから発売されています。
 

4月からテレビシリーズで復活する「宇宙戦艦ヤマト」もその一つです。
左がバンダイ版。右が野村トーイ版です。
 
「宇宙戦艦ヤマト」の初期プラモデルは、昨年からじわじわと価格が上がってきています。
「宇宙戦艦ヤマト2199」成功の影響と思われます。
タイムボックスでも在庫品薄ですので、買い取り強化中です。
 
 
こういった、メーカーを超えたキャラクターのコンプリートを目指すのも、コレクションの楽しみのひとつかもしれません。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 (みくに文具 上田大)
 
 
-ps-
タイムボックスでは、今井科学&中村産業の「宇宙エース」在庫中です。
お問い合わせください。
野村トーイ版、宇宙戦艦ヤマトシリーズ、在庫切れのため高価買取中です!
http://www.timebox.jp/
 
 
 
 
 

2013年2月12日火曜日

ちょっと深いコレクター道 ST表示編 バルタン星人

(第3回)

ブルマァクのバルタン星人です。
ゼンマイで歩行します。
箱デザインでは、怪獣プラモデルのTOP5に入る傑作です。

今回は、バルタン星人というよりも、プラモデルの箱によく見かける「STマーク」のお話です。
このバルタン星人のパッケージ、右足の横に「STマーク」が表示されています。
「STマーク(エスティーマーク)」と呼びますが、正式名称は「玩具安全マーク」。
簡単に説明すると、「このおもちゃは、安全に遊べますよ」という証です。
 
 
昭和46年(1971年)に導入されたとのことで、この翌年あたりから、プラモデルにもST表示のものが市場に現れてきます。
ショップやコレクター間でも、ST表示の有無を発売時期の指標にしたりもしています。
さて、こちらのバルタン星人には、STマークがありません。
 
日本プラモデル50年史によると、ブルマァクのバルタン星人の発売は1972年2月となっています。
STマークの登場が71年ですから、ちょうど、発売時期が一緒です。
STマーク表示無しで発売を始めましたが、世にSTマーク表示の流れができてきたので、
どこかの出荷分から、パッケージを刷りなおし、ST表示バージョンが市場に登場してきたということが想像できます。
 
ですので、同じブルマァクのバルタン星人プラモデルでも、「ST表示無し」の方が古いものとなります。
同じプラモデルでも、発売時期によって、成形色の違いやデカールの文字違い、金型修正など、マイナーなバージョン違いが多く存在したりします。
そういったバージョン違いとして、ST表示の有無も、コレクターにとっては、気になるポイントです。
まずは、STマークなど気にせずコレクション。そして、もっと深いコレクター世界を覘きたければ、こういったパッケージの表記違いをコレクションに加えていくのも、楽しみのひとつかもしれません。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
みくに文具 上田大)

-ps-
タイムボックスでは、「ST表示無しのバルタン星人」在庫中です。
「ST表示有のバルタン星人」の入荷も2月に予定しております。
在庫は各1つですのでお見逃しなく!
http://www.timebox.jp/