2013年12月30日月曜日

「アイゼンボーグ&コセイドン」  シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第24回)
 
今回は1976年「恐竜探検隊 ボーンフリー」から始まった円谷プロダクション恐竜3部作の「恐竜大戦争 アイゼンボーグ」と「恐竜戦隊 コセイドン」を紹介します。
ボーンフリーシリーズのプラモデルはトミーからのみ発売でしたが、後の2作品はツクダホビーからも発売されました。

まずは、トミー製「アイゼンボーグ」からご紹介。
発売は77年11月。「アイゼン1号」「アイゼン2号」「アイゼンボーグ号」の3種を商品化。
 
アイゼン1号の横幅が29センチ。それぞれ900円、750円、1200円。
 
トミーの円谷恐竜シリーズは、どれも箱中ぎっしりです。
アイゼンボーグ号のみモーターライズ。1号2号はゼンマイ走行。もちろん1号2号は合体します。パッケージはミリタリーイラストで有名な上田信画伯。レア度でいえば、1号が特に市場に出ません。

次に「恐竜戦隊 コセイドン」です。
トミー、ツクダホビー共に大サイズを発売しています。
トミー製の「コセイドン号」。78年発売、当時1000円。
箱横幅は約32センチで動力なし。別入りのファイタスかアクアスを内部に収納可能。接着剤不要で、パーツはカラー成形や透明パーツ、シルバーメッキ処理されるなど、素組みでも十分なコセイドン号が完成できます。 これはボーンフリーから続く他社との差別化戦略であり、流石おもちゃメーカートミー製のプラモデルです。

トミー製「ファイタス&ハクアス」
箱横幅は約26センチで動力なし。78年発売、当時600円。こちらもレア度高いです。


ツクダホビー製「コセイドン号」。78年発売。
箱横幅は約30センチでゼンマイ走行。78年9月発売、当時500円。
ミニファイタス1号付きで収納可能。パッケージには「精密恐竜2コ入り」とありますが、入っている個体を見たことはありません。もしかしたら、初期にゴム恐竜が入っていたのかも知れませんが、謎です。

ツクダホビー製「コセイドン 4点パック」 キャラメル箱タイプで当時300円。
 
 
 
そして、最後の紹介になりますが、ツクダホビーの「アイゼンボーグ 4点セット」です。
※オークション出品画像より
めったに市場に出ない激レア商品です。4点パックで当時300円と思われます。

円谷恐竜シリーズのTOYは人気がありますが、プラモデルは特に、どれも人気が高く入手が困難となっています。ぜひTOYコンプリート後は、プラモデルコレクションにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
次回は、恐竜シリーズ最高峰のボーンフリーシリーズをご紹介いたします。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
タイムボックスでは、「アイゼン1号」「トミー製 コセイドン号」「コセイドン4点パック」店内在庫中です。お問い合わせお待ちしております。
また、円谷恐竜シリーズ、どれも高額買取中です!!ぜひ、売るも買うも、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/

買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
 
 

2013年12月18日水曜日

バンダイ 初期SFオリジナル プラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第23回)
 
今回はバンダイ模型初頭に発売されたオリジナルSFシリーズをご紹介します。
 
S.Fシリーズ国際宇宙軍  3種共1968年1月発売で箱サイズは19.5×36×6センチ。
国際宇宙軍1号 アタッカー(当時500円)
国際宇宙軍2号 デストロイヤー(当時550円)
国際宇宙軍3号 サイドワインダー(当時500円・発火装置付き)
 
 
この3点、まずはバンダイロゴマークに注目。
バンダイロゴが、万歳ロゴではなく、英字となっています。
この英字のバンダイロゴが使用されていたのは、株式会社バンダイ模型設立以前の、おもちゃメーカーバンダイとしてプラモデル発売を開始した67年秋~68年初頭の短期間のみ
※1972年の株式会社バンダイ模型設立以前でも、万歳ロゴは使用されています。
 
今回紹介する3点は、そんなバンダイ模型創世記のお宝プラモデルです。
側面はこんな感じです。
 
サイドワインダーのみ中身画像をご紹介。
他2点も帯含め同じフォーマットです。
 
 
さて、これを見ていただきたい。コグレの「ファイアバードNO.2」。
バンダイ「サイドワインダー」とほとんど同じ物。
実は、バンダイ模型のスタート時は社内の模型部に過ぎず、商品も倒産したコグレの金型を引取り、それを再利用したもの。そして、そのほとんどが自動車系のプラモデル。
 
そんな中、コグレ倒産直前に発売されたこの「ファイアバードNO.2」は、倒産直前という事情で流通数も少なく、そのためかバンダイは、このコグレの新製品であったSFシリーズを自社のラインナップに加えられたのだと考えられます。


国際宇宙軍シリーズには、こんなアンケート用紙も入っているので、当時のバンダイ模型部の意気込みを感じることができます。
「キャラクタープラモのバンダイ」の揺るぎない地位は、この国際宇宙軍シリーズ発売から始まったのです。まさに、記念碑的な逸品です。



バンダイ模型の足がかりとなった、コグレ模型には、緑商会と並ぶSFオリジナル名作キットが多数存在しています。現在、タイムボックスにある在庫の一部紹介しておきます。

 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。





今回紹介したバンダイSFキットの在庫は、現在「サイドワインダー」のみとなっています。
お問い合わせお待ちしております。

タイムボックスでは、特に68年前後の各社SFオリジナルキット在庫確保に力を入れています。ぜひ、売るも買うも、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
SFオリジナルキットの知識は負けません!!高額買取中です!


大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2013年11月30日土曜日

マルサン トッポ・ジージョ シリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第22回)
 
今回はマルサン「トッポ・ジージョ」シリーズをご紹介します。

マルサン商会は、1966年12月、500円の「トッポ・ジージョ(ゼンマイ)」「トッポ・ジージョ(リモコン)」を発売、翌年2月、200円「トッポ・ジージョ(小)」を発売しました。
 
 
まずは、当時500円のゼンマイ版です。
トッポ・ジージョシリーズの中では、市場に出にくい物です。
箱は28×22×6.5センチと大きく、電動と同じく、両足を前後に動かし歩きます。
耳はスポンジ。ゼンマイを巻いた後は、背中のスイッチのON-OFFで歩き出します。
足裏タイヤやネジなどの小部品は電動の流用です。
 
よく、電動トッポ・ジージョと本体部分は同じと勘違いされている方もいますが、まったくの別物です。顔のみ、並べてみました。
電池は単一で、大きい方が電動です。

トッポジージョは、顔だけでもかなり大きく、ゼンマイ版の顔は高さ8センチもあります。
しかも体のパーツよりも大きいです。
前回紹介した、謎のゼンマイブースカは、このゼンマイ トッポ・ジージョの内部仕様を、受け継ぎ、発売されたのだろうと想像できます。


リモコン版です。当時800円。
箱サイズは36.5×25.5×7センチ。リモコンは黒プラのみ。青ブリキタイプはありません。
写真のように、当時、2000円に値上げされた物もあります。
マルザン キャプテンウルトラのシルバースター(650円)にも2000円値上げシールが貼られている物を見かけます。

現物は、まず、顔と耳(スポンジ)の大きさに驚かされます。組んだ姿も、愛嬌があって可愛いです。
昔はどこのアンティークショップでも見かけたのですが、最近は見かけることは少なくなりました。リモコンやギヤーボックス、タイヤ、ネジなどが他マルサン電動怪獣と同じため、電動怪獣の欠品を埋めるために、多くの未組個体は部品取りにされたようです。
某アンティークショップの倉庫には、部品取りされたトッポ・ジージョの残骸が大量に眠っているという噂もあります。
 
 
トッポ・ジージョ(小)です。当時200円。
箱サイズは22.5×13.5×4.5センチ。カラーの完成図が入っています。
完成品はペコちゃんのように首がゆらゆら揺れます。
美品も割と多く現存しているようです。
 

3種類でコンプリートと、わりと集めやすいコレクションアイテムですが、
しかし、そこはマルサンシリーズ。全て美品を求めるとなるとやはり難易度は高くなります。

※写真のゼンマイ版とリモコン版の耳スポンジが逆になってます。
写真撮り次第修正画像に差し替えします。
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)



タイムボックスでは、今回、トッポ・ジージョ3種入荷在庫中です!
マルサン電動の値上がりとともに、今後はトッポ・ジージョ関係も値上がりが予想されます。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2013年11月18日月曜日

マルサン 快獣ブースカシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第21回)
今回は、マルサン「快獣ブースカ」シリーズをご紹介します。
 
マルサン商会は、1967年3月に100円の「ブースカ(小)」、その後「リモコン ブースカ」「ロケット ブースカ」「そば喰い ブースカ」を発売しました。
イラスト箱が2点。写真箱が2点です。
 
こちらは100円のブースカ(小)
組立済みはわりと現存していますが、未組立てはほとんど見かけません。
箱は、キャプテンウルトラの100円シリーズと同じ大きさですが、
ウルトラ怪獣100円シリーズと比べると、ブースカの方が横幅が1センチほど大きいです。

リモコンのブースカです。当時800円。
箱の大きさや、内容からすると、箱サイズ最大の「そば喰いブースカ」や、ロケットリモコン走行の「ロケットブースカ」の方が値段が高かったように思われますが、実は、このリモコン歩行ブースカが、当時価格では一番高い800円でした。 割と数が残っているので、遭遇確率は高いですが、美品の数は少なく、最近の市場価格は、並品~美品で数十万の差がでています。
 
バンプレストから、ミニマルサンプラモデルコレクションとして、精密に縮小されたリモコンブースカが発売されています。箱デザインも同じで、説明書も当時の縮小版が入っていますので、手軽に当時の雰囲気を楽しめます。
 
 
ロケット ブースカです。当時500円。
数年前までは、マルサン電動怪獣にも引けをとらない謎の逸品と言われ、100万を超える市場価格が付けられていましたが、最近は少し落ち着いてきたようです。ただ、これも綺麗な物は少ないので、美品入手は困難となっています。

そば喰い ブースカです。当時700円
箱状態の悪い物が多いですが、このシリーズの中では一番見かけるタイプです。
完成品は、おへそのスイッチをONにすると、両手を動かしてそばを食べる仕草をします。


さて、絶版プラモデル界には、現在でも確認の取れない謎の逸品があります。
今回紹介したブースカシリーズにも、発売された?と思われる、謎の逸品の一つがあります。「ゼンマイ ブースカ」です。
上図はマルザンの68年カタログ内のブースカ紹介ページです。
写真で紹介されているものがゼンマイブースカのようです。
ブースカシリーズは、67年のマルサン時代に発売されましたので、
マルサンからマルザンへ社名変更した後の68年カタログに紹介されているということは、当然、ゼンマイ版は既に発売済みと解釈できます。ただ、現在なお、箱や組済みジャンクすら市場に出てきたという話を聞いたことがありません。



絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。


みくに文具 上田大)
 

 
タイムボックスでは、店長が、長年かけて買い替えでランクアップしてきた、綺麗なブースカプラモデルを在庫中です。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。ゼンマイブースカも超高額買取中です!!
 
大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2013年10月29日火曜日

タツノコランド かいけつ タマゴンシリーズ

(第20回)
 
今回は、タツノコランドの「かいけつ タマゴン」をご紹介します。

メーカータツノコランドは、アニメーション会社のタツノコプロが1973年に設立。
そのため、監修も行き届いていたのか、完成品の出来が良いものが多いのが特徴です。
 
タツノコランド第一号のプラモデルが、今回紹介する「かいけつ タマゴン」シリーズです。
1973年1月発売。シリーズは、50円シリーズが4種と500円(大)の計5種でコンプリート。

こちらが500円の(大)の方です。ゼンマイ動力です。
2回ほど再販されましたが、この初版はなかなかお目にかかれません。
初版のみがゼンマイで、再販は動力が省略されてコロ車になってます。

タツノコランド発売プラモデルの中でも、「G4」「ゴッドフェニックス」と並ぶ、激レア品です。
側面には、50円シリーズの商品が紹介されています。
 
箱中です。
パーツごとにカラー成形色となっているので、着色しなくても、イメージ通りのタマゴンが完成します。

(大)の方の値上がりは確認できていませんが、50円売りの方は、
写真のように、80円に値上がりました。「80」印刷表記されるまでは、タツノコランド専用の80円の修正シールで対応してあります。
50円シリーズでは、主役の「タマゴン」と「オタスケマン」の2種が市場に出にくい気がします。

こちらが、再版されたタマゴン(大)です。
左がマーク製で82年発売。右がフジサキ製で84年発売です。両方とも、ゼンマイ動力は省略されてます。
初版の箱は約24×29×6.5センチに対して、再販は18×25.5×7センチと、比べると少し小ぶりです。
マーク製はパッケージのように、本体も体が青色成形色。他の部分もパッケージと同じだったと記憶してます。
フジサキ製は、背びれ成形色が初版と同じ赤色ではなく白色。

こちらが50円シリーズの再販。マーク製で各100円。
フジサキでも4種セットで500円との再販予告はありましたが、発売はされませんでした。
 
このタツノコランドのタマゴンシリーズは「究極プラモデル大全」にも紹介されていない謎の逸品でした。他書籍でもほとんど紹介された記憶はありません。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。


みくに文具 上田大)
タイムボックスでは、フジサキの再販含め、今回紹介した、タツノコランドの「かいけつタマゴンシリーズ」全て在庫しております。トレード品となっておりますが、「トレード品+追金」や「全て金銭」などなど、ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。



大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで

2013年10月15日火曜日

アオシマ 大傑作まんがシリーズ その2

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第19回)
 
前回は、青島文化教材の大傑作漫画シリーズを紹介しました。
今回は、説明書とともに、面白ギミックを一緒に紹介したいと思います。

タイガーマスクは台座の他に、鉄柱の上にも立つようにできます。
 

説明書に書かれている文書は、
「はめこむのだニャロメ」などと、全てキャラクター語で表現されています。
 
 
こちらも「●●やんけ」とカラッペ語で、組立書は説明されています。
そして、背中のボタンで口をパクパクさせることができます。
 
 
玉井信吾を操作して、シュートをけることができます。
 
首がバネでグラグラ動きます。鉄砲からは弾発射。
 
 
大ちゃんは、スプリングでグラグラゆれます。本当に褌(ふんどし)をはかせます。
 
 
サンドバックを狙って、キックをさせることができます。
 
大傑作まんがシリーズの次に展開したのが、「オバケのQ太郎」「スペクトルマン」でした。
その後、「赤胴鈴之助」「快傑ライオン丸」「ワイルド7」「ムーミン」「ジャンボマックス」「ドロロ@えん魔くん」「タイガーセブン」「「電光イナズマン」「電人ザボーガー」「ロボット刑事」「ダイヤモンドアイ」「クレクレタコラ」「ダメおやじ」「ロックバット」「小さなバイキング ビッケ」などなどを発売します。

最後に、少しレアな物をご紹介します。ダメおやじシリーズです。
このシリーズはこの2点でコンプリート。
大きい方がNo.1で、あまり市場に出てきません。
No.1はダメおやじの頭に磁石を入れ、ハンマーの磁石にくっつくという凄い発想のプラモデルになっています。 
オニババの左手はVサイン!!妖怪プラモデルに匹敵する恐ろしさです。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。

みくに文具 上田大)
 
 
 
タイムボックスでは、今回紹介した、「タイガーマスク」「ニャロメ」「風のカラッペ」「いなかっぺ大将」「キックの鬼」、そして、「ダメおやじ」2種の在庫を取り揃えております。
ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/

買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
メールアドレスはコチラ rk@timebox.jp
 

 

2013年9月29日日曜日

アオシマ 大傑作まんがシリーズ その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第18回)
 
1970年発売、青島文化教材の大傑作まんがシリーズです。
シリーズは全7種で当時150円。

1970年6月発売が「タイガーマスク」「ニャロメ」「風のカラッペ」「赤き血のイレブン」の4種。
「のらくろ」「いなかっぺ大将」「キックの鬼」の3種は11月発売。
全て、ゼンマイなどの動力なしのディスプレイモデル。
70年代のアオシマキャラクタープラモデル大進撃は、ここから始まったといっても良いでしょう。



箱中の仕様は全て同じなので、シリーズNo.1のタイガーマスクで紹介します。
 
実は、このシリーズは全て、着色済みキットでした。

着色済みといっても、大味な感じです。デカールもついています。
タイガーマスクは、台座とリング柱上の両方に取り付けることができます。マスクは脱着可能。
 
前期発売の4種には、写真のように4キャラクターが描かれた台紙が入っています。
後期発売の3種には、全7キャラクターが描かれた別の台紙が入っています。

写真のようなチャンスカードが入っている時期のものもあります。
チャンスカードには、ピンク色の他にオレンジ色もあります。


数年前までは、「赤き血のイレブン」「キックの鬼」あたりは、わりと見かける方でしたが、最近はどれも見かけなくなりました。レア度高でいえば、「タイガーマスク」「ニャロメ」「のらくろ」あたりでしょう。その中でも、「タイガーマスク」は、プラモコレクター以外にも人気があるので、入手は非常に困難いなっています。
次回は、残りの6種を説明書とともに、面白ギミックも一緒に紹介したいと思います。



絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。


みくに文具 上田大)

 
タイムボックスでは、今回紹介した、「タイガーマスク」「ニャロメ」「風のカラッペ」「いなかっぺ大将」「キックの鬼」の在庫を取り揃えております。「のらくろ」「赤き血のイレブン」は公開と同時にsoid out!ぜひ、在庫あるうちに、不明点などお気軽にお問い合わせ下さい。

大切なコレクションを手放すときは、ぜひ、プラモデルに強い、タイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/


 
買取・査定・その他のお問い合わせ 03-5706-4039 まで
メールアドレスはコチラ rk@timebox.jp